だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
ゆきのたまご
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ゆきのたまご

作・絵: よこた みのる
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「ゆきのたまご」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784652040768

A4判・31×22cm・26ページ 

出版社からの紹介

くものうえのおかしやさん、どんなおかしができるのかな?みずのつぶとそらのこな かみなりぐもで ひやしたら…メレンゲとまぜて にじいろにそめれば あら、ふしぎ!

ベストレビュー

ろっかくけいといえば…

雲の上におかしやさんがあるなんて、とってもメルヘン!
くものメレンゲとあおいこなで作った、そらのマカロン食べてみたいです!

パティシエのカオリンさんが作るのは、おかしだけではありません。

みずのつぶとそらのこなを混ざると、六角形のこおりのつぶになりました。
それに、くものメレンゲを混ぜて、にじいろぐもをふりかけると…カラフルなぼうしのできあがり!
くものネットに並べられた色とりどりのぼうし。

カオリンさんは、ゆきのたまごを作っていたんですね!

ぼうしから、妖精が生まれる瞬間がすきです!足だけ出てるの、かわいい…。

絵がふんわりやさしくて、とてもきれいです。
幻想的で不思議で、楽しいお話でした。
(ねんねこしゃんさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


よこた みのるさんのその他の作品

ゆきのたまご2 はるのつかい / シンドバッドの不思議な航海 / クークーくもにのる / てまわしオルガン / こびとのおくりもの / はじめてのおでかけ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

ゆきのたまご

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット