しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
たいようとつきはなぜそらにあるの?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たいようとつきはなぜそらにあるの?

  • 絵本
作: エルフィンストーン・デイレル
絵: ブレア・レント
訳: 岸野 淳子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

「たいようとつきはなぜそらにあるの?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

課題図書すばこ

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

天を仰ぎこどもたちに語り伝えられた…

 『バーバ・ヤガーー』・『おこったつき』のブレア・レントさんの絵に新たな魅力を感じこちらは借りてきました。
 
 南ナイジェリアの地区監督官だったエルフィンストーン・デイレルさんが、著書『西アフリカ・南ナイジェリアの民話』から取り上げたもので、エフィク・イビビオ族の人々から聞いた民話だそうです。

 太陽と月(太陽の奥さん)がアフリカの部族の衣装を着け登場し、どうして空にいるのかが、物語として語られています。

 昔々、太陽と水は仲良しで、どちらも地面の上に住んでいました。
 しかし尋ねていくのはいつも太陽の方ばかりです。
 太陽は、水を家へ招きます。
 水は家族が多いからと辞退するのですが、太陽は友人のために大きな家を造ります。
 そして、いよいよ水が太陽を尋ねることに…。

 アフリカの中でも歴史ある西アフリカ美術独特の仮面や衣装を想起させる絵です。
 アニミズム的な空気も感じられ、当時の人々が天を仰ぎこどもたちに語り伝えられたお話しなのだろうなと思いました。
 
 見返しのデザインもたっぷりアフリカを感じられるものでした。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ブレア・レントさんのその他の作品

おこった月 / バーバ・ヤガー



楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

たいようとつきはなぜそらにあるの?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット