貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
鳥にさらわれた娘
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

鳥にさらわれた娘

作: 安房 直子
絵: 味戸 ケイコ
出版社: ケイエス企画

本体価格: ¥500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「鳥にさらわれた娘」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

安房直子さんと味戸ケイコさんのコンビ

安房直子さんと味戸ケイコさんのコンビです。

個人的には、この二人のコンビはとても相性がよいと思って読んでいます。

美しくせつなくはなかい、そして時に怖いという共通する世界観がお二人に共通していること、そして同世代で同時期に北海道で過ごされたと

いう原風景となる景色が共通していることも大きいのではないかと思うからです。

三作が収録されていて、何か共通項を探すとしたら、ラブストーリーということでしょうか。

それも異形のものたちとのラブストーリー。それゆえに切なさも怖さもあります。

「あるジャム屋のお話」がこの中で私は好きです。

主人公が不器用であることも親近感がわきますし、鹿の娘の健気でかわいらしい愛情にも心打たれるものがあります。

あとがきとして、安房さん自身の作品に寄せる思いが書かれていて「いつもストーリーテラーでありたい」という思いにはなるほどと思いました。

執筆時間は、午前八時半から午後三時というのも、主婦の生活も大切にしておられた安房さんらしいと思いました。

読めば読むほどに、安房さんの世界にどんどんとのめり込んでいってしまうのを感じます。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

安房 直子さんのその他の作品

だんまりうさぎとおほしさま / やさしいたんぽぽ / だんまりうさぎときいろいかさ / 銀のくじゃく / みどりのはしご / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ

味戸 ケイコさんのその他の作品

ここにいる / 遠い野ばらの村 / まねっこでいいから / うまれてきたんだよ / だれかないてる / うさぎ座の夜



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

鳥にさらわれた娘

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット