もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【予約受付中!】あのロビットの兄弟型サラウンド収納『ピコ』が新登場です!
カンスケとゆきこちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カンスケとゆきこちゃん

  • 絵本
作: 東田直樹
絵: 唐沢睦子
出版社: 交通新聞社

本体価格: ¥952 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カンスケとゆきこちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784330973074

215×275mm・32P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

雪の町を元気に走る、機関車カンスケ。そこへ「みんなと遊びたい」と、雪の精のゆきこちゃんが、空から舞い降りてきました。女の子に変身したゆきこちゃんは、すぐにカンスケや町の子どもたちと友達になり、雪合戦やおもちゃ屋などに行って楽しく遊ぶのですが、空へ帰る時がやってきて……。「友達は新しい世界をおしえてくれる」と気づかせてくれる、心温まるシリーズ第4弾!

ベストレビュー

出会いと別れの季節に いかがでしょうか 

機関車のカンスケと雪の結晶であるゆきこちゃんとの出会いから別れが、楽しくちょっぴりものはかない物語です。雪の日、出会い別れの季節にお勧めの1冊と思い紹介します。新しいお友達をつくるのってドキドキだったり、恥ずかしかったり、難しいようで、あっという間にお友達に慣れてしまって意外と簡単なことと思ったり。そしてお友達と遊んで過ごすことはとっても楽しいことですよね。そんな”お友達”をたくさん作っている最中の7歳の息子も共感できていたようでした。
そして雪の結晶であるゆきこちゃんとのお別れシーンは、はかなくて辛い事だけれども、少し成長したカンスケとゆきこちゃんがそこにはいたような気がします。
1992年生まれで1998年「自閉傾向」と診断された作者。会話による対話は難しいながら、筆談、パソコンによる執筆活動で数々の童話賞などを受けているとの後付けがあり、驚くやら感心してしまいました。
他にもカンスケシリーズ読んでみようと思います。
(1姫2太郎ママさん 40代・ママ 女の子17歳、男の子15歳、男の子 7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


東田直樹さんのその他の作品

自閉症の僕が跳びはねる理由 続 / ヘンテコリン / カンスケのクリスマス / カンスケとカタツムリくん / 自閉症の僕が跳びはねる理由 / きかんしゃカンスケ



好評につき第2弾!23人の絵本作家からの手紙

カンスケとゆきこちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット