ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
名作を生んだ作家の伝記 8 「かいじゅうたち」の世界へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

名作を生んだ作家の伝記 8 「かいじゅうたち」の世界へ

作: ハル・マルコヴィッツ
訳: 水谷阿紀子
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784894236233

160頁

出版社からの紹介

絵本「かいじゅうたちのいるところ」。
その作者モーリス・センダックの伝記。彼の作品が巻き起こした論争など、興味深い内容も掲載。

ベストレビュー

センダックの日記

センダックの絵本を読む機会があり、読み始めたのですが、センダックが文も絵も描いているものは、そこにこめられたメッセージやマザーグースの影響など、一読しただけではよみ解くことができず、とても難しいなあと思いました。

そんな時、センダックの伝記があることを知りました。

革新的な作品であるために受けた批判の数々、絵本に怖さやメッセージを盛り込んでいることなど、ホロコーストに取り組むなど、今もって精力的な作家であることなどがわかりました。

この伝記を読んだおかげで、センダック作品が少しだけ私の中でとっつきやすいものになったかなあと思います。

とはいってもまだまだセンダックは私にとっては難しいです。

どうしても文章を先に読んでしまい、絵を見るのが二の次になってしまうので、そんなところもセンダックの絵本を読めない理由なのかなと。

私の中のセンダック苦手意識がどうしておこるのか、この本を読んだおかげで少しわかってきた気がしました。

私のようにセンダックが読めない方や、また逆に大好きだと言われる方にはお勧めの本です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


水谷阿紀子さんのその他の作品

おばあちゃんと花のてぶくろ / 「ハリー・ポッター」の奇跡



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

名作を生んだ作家の伝記 8 「かいじゅうたち」の世界へ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット