もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
たいせつなことはみんな子どもたちが教えてくれた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たいせつなことはみんな子どもたちが教えてくれた

  • 絵本
作: きむら ゆういち
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,400 +税

「たいせつなことはみんな子どもたちが教えてくれた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年01月
ISBN: 9784072632604

四六 判 192 ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

映画化、舞台化もされた大ベストセラー絵本「あらしのよるに」の作者・きむらゆういちさんが、つねに「子ども」とかかわりつづけた自身の半生を振り返りながら、「子ども」が教えてくれるもののたいせつさをつづった半自伝。美大卒業後、生計を立てるために始めた「造形教室」の創設36周年記念として、2009年2月に東京・目黒区民美術館で「回顧展」を開くにあたり、はじめての半自伝としての記念出版。造形教室の先生として23年間子どもたちと向き合い、それがきっかけで絵本、児童書の作家の道が開けたきむらさんだが、実生活では9歳で父を亡くし、母の手ひとつで育てられ、決して恵まれた子ども時代を過ごしたわけではない。でも、「好きなものをつくって生きていきたい」という揺るがぬ信念を持ちつづけた結果、絵本作家という確固たる地位をきずいた現在は、23才、21才、9才の3人の子育てに奮闘するシングルファザーとなり、子育てのひととおりを見てきたからこそ語れる「子ども」論。幼少期の絵、作品も多数初収録。

ベストレビュー

きむらさんがもっと好きになります!

絵本作家のきむらゆういちさんは、本当に幅広く活躍されています。
その原点というか、裏側が描かれている本なので、とても興味深く
読むことができました。
読んだら、きむらさんのすごさがもっとわかって、より好きになると
思います。
そんな思いをもって描いた絵本は、おもしろいに決まっています。
読み切れないくらい多くの作品を残しているきむらさん。
これからも彼の作品に出会うのが、とても楽しみです♪
(スケボウさん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら ゆういちさんのその他の作品

いもさいばん / ほっとほっとホットケーキ / オオカミのはつこい / おでかけ版 こちょこちょあそび / 完全版 あらしのよるに / あっかんべろ〜ん



第12回 『あったかいな』の片山健さん

たいせつなことはみんな子どもたちが教えてくれた

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット