もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

スケボウさんの公開ページ

スケボウさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子3歳

スケボウさんの声

1687件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 集中してくれますね♪  掲載日:2014/10/23
紙芝居 おさんぽわんくん
紙芝居 おさんぽわんくん 作画: しばはら・ち
出版社: 教育画劇
この紙芝居では、おさんぽしている犬のわんくんが、
いろんなものを見つけていくとうい内容なのですが、
子どもが集中してみるのに、とてもよいと思いました。
探すのがとっても楽しいですからね♪
羊のかたちをした雲、きょうりゅうのかたちをした水たまり、
木の幹かと思ったらラッパ・・・。
まだまだいろいろ登場します。
たくさんのお子さんの前で読んだら、もっと盛り上がるかも
しれません♪
紙芝居の良さを、しっかりと伝えてくれる作品だと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 気持ちがよくわかります!!  掲載日:2014/10/22
紙芝居 いもうとのみずぎ
紙芝居 いもうとのみずぎ 作: 伊藤たまき
画: 鈴木 幸枝

出版社: 童心社
この紙芝居は、きっと幼稚園などで読むと、いろんなことが
伝わる紙芝居だと思いました。
プールに入ろうと思った男の子は、間違えて、妹の水着を
持ってきてしまいます。
それをお友達に見つかってしまい、笑われてしまいます。
でも、正直に話すと、お友達はそれを理解してくれて、
なかなか似合うよって言ってくれるんです。
お友達との関わり合いの中で、こういったときにどうすれば
よいかということを、じっくりと考えることのできるテーマを
投げかけてくれたと思いました。
なかなか深いんですね♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵がしぶいです  掲載日:2014/9/10
紙芝居 おねぼうなじゃがいもさん
紙芝居 おねぼうなじゃがいもさん 作: 村山 籌子
絵: 村山 知義

出版社: 童心社
この紙芝居は、娘がお気に入りのひとつなのですが、
絵がとってもしぶい!!
にんじんさんとじゃがいもさんと玉ねぎさんがでてくるのですが、
全部しぶい!!
ちょっとこわいくらいの絵なのですが、子どもははまるんですね(笑)。
内容はもちろんおもしろいです♪
お野菜を食べるときに、この紙芝居の内容を、話す娘は、
とってもおもしろいです!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵が特徴的です!!  掲載日:2014/9/10
クワガタどこどこ
クワガタどこどこ 作・絵: しろませいゆう
出版社: 岩崎書店
この絵本を描いた作家さんの絵本は、初めて読んだのですが、
絵がとても特徴的で、一度見たら、忘れない感じの絵です!!
クワガタ探しをする絵本なので、夏休みにぴったりの絵本だと
思いました。
結局見つからず、みんながとった行動は・・・。
子どもの気持ちをうまく表現してくれている、ユーモアたっぷりの
絵本でした♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あったかくなる絵本です。  掲載日:2014/9/5
おにぎりがしま
おにぎりがしま 作: やぎ たみこ
出版社: ブロンズ新社
この絵本は、昔話のような感覚で、読んだ後に
心がとてもあたたかくなる絵本でした。
おにぎりおにがとってもかわいい♪
そして、あたたかくひろがっていく、おにぎりの輪。
おにぎりがしまが、どんどんにぎやかになっていく様子が
とても楽しく、嬉しかったです!!
優しい絵にも癒されました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 頼もしい!!  掲載日:2014/9/5
くもりのちはれ せんたくかあちゃん
くもりのちはれ せんたくかあちゃん 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
この「せんたくかあちゃん」シリーズは、ともかく、かあちゃんが
頼もしい!!
読み終わった後に、爽快な気もちになれる絵本なので、
大好きなシリーズです♪
せんたくものをほすときに、曇っていたので、かあちゃんが
とった行動とは・・・。
まさか、そんなー!!と笑える内容になっています♪
とにかく楽しい気持ちになれる絵本なので、とってもおすすめ
です!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 不思議な友達  掲載日:2014/9/5
へのかっぱ
へのかっぱ 作・絵: 山下 ケンジ
出版社: 講談社
ときおくんとふうたくんの、一風変わった友情のお話です。
実はこの絵本、内容がとても深くて、最後にはちょっとほろっと
きてしまう、感動的な絵本でした。
友達を思いやっているのですが、こんなふうにすれ違ってしまう
ことって、よくあることだと思います。
そんなほろにがい体験を描いている絵本なので、いろんな感情
が育つのではと思いました。
もう少し大きいお子様にもおすすめの絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいいおばけさん!!  掲載日:2014/9/5
おばけのコックさん
おばけのコックさん 作: 西平 あかね
出版社: 福音館書店
こんなレストランがあったら、行ってみたーいと、
まず初めにそう思いました♪
かわいいおばけたちのやりとりが、一言一句見逃せない
感じで、一風かわった料理のメニューも、おもしろくて、
なんだかにこにこしながら読んだ絵本でした。
このシリーズは、こわくないおばけたちが出てくるので、
娘もお気に入りのようです♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 存在感のある絵本  掲載日:2014/9/4
ゆきこんこ
ゆきこんこ 文: 長谷川 摂子
絵: 降矢 洋子

出版社: 福音館書店
なんだか懐かしい感じの絵と文章で、読んでいても
とても耳触りのよい絵本でした♪
長谷川摂子さんの、文章の力はすごいなと思いました。
動物たちが冬眠している様子がよくわかって、
冬の美しさも伝わってきました!!
短い絵本でしたが、とても存在感のある絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちゅうしゃがこわいお子様はぜひ♪  掲載日:2014/9/3
ちゅうしゃなんかこわくない
ちゅうしゃなんかこわくない 作: 穂高 順也
絵: 長谷川 義史

出版社: 岩崎書店
子どもなら、ちょっとこわいなって思ってしまう「ちゅうしゃ」を
テーマにした絵本です。
空想の世界を通して、ちゅうしゃがこわくなくなる男の子が
主役の絵本なのですが、だれもが共感できるように描かれ
ていて、「そうだよね、こわいよね」って、声をかけてあげたく
なりました。
この男の子を見て、ちゅうしゃがこわくなくなる子どもたちが
増えるといいなと思いました。
参考になりました。 1人

1687件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中