あかいそりにのったウーフ あかいそりにのったウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
おとうさんから赤いそりをもらったウーフは、大よろこび。さっそくツネタといっしょにのりました。ウーフのたのしいクリスマス。
なしなしなしさん 30代・ママ

サンタさんに助けてもらった
タイトルにもなっている赤いそりは、ウー…

スケボウさんの公開ページ

スケボウさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女の子3歳

スケボウさんの声

1798件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 絵画のようです  掲載日:2014/12/18
きんのたまごのほん
きんのたまごのほん 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: レナード・ワイズガード
訳: 渡辺 茂男

出版社: 童話館出版
この本は、内容もかわいらしくて好きなのですが、何より、
絵がとてもきれいな絵本です。
この作者の描いた絵本を何冊か読みましたが、どれも、
絵が素敵!!
鮮やかで、細かな表現力が、大人にもおすすめの絵本です。
どのページを開いても、絵画のようです♪
この絵本は、娘よりも、私が気に入って、何度も読み返しました♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しめます♪  掲載日:2014/12/18
とこちゃんはどこ
とこちゃんはどこ 作: 松岡 享子
絵: 加古 里子

出版社: 福音館書店
この絵本は、とこちゃんという男の子を探す絵本です。
ウォーリーを探せ!みたいな感じで♪
発売されたのは、けっこう昔なのですが、今でも新鮮に
感じます。
娘は寝る前に必ずこの絵本を読んでと持ってきます♪
適度に難しいので、3歳くらいのお子様に、ちょうどよい
のではないかと思います。
とこちゃん以外の、おもしろいものを探すのも、私としては、
はまってます♪
おすすめの絵本です☆
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 壮大なストーリー!!  掲載日:2014/12/18
あなたがうまれたひ
あなたがうまれたひ 作・絵: デブラ・フレイジャー
訳: 井上 荒野

出版社: 福音館書店
この絵本は、すべての人に贈られている絵本です。
とても壮大なストーリーで、3歳の娘にどこまで伝わっているか
わかりませんが、なんだか静かに聞いていました。
小学生に読んであげてもよい絵本だと思います。
いつか、このことを理解することができたら、きっと命の大切さを
実感してくれるのではないかなと思います。
折をみて、何度か読んであげたいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大人も楽しめます!!  掲載日:2014/12/18
きのうの夜、おとうさんがおそく帰った、そのわけは……
きのうの夜、おとうさんがおそく帰った、そのわけは…… 作: 市川 宣子
絵: はた こうしろう

出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
おとうさんが、なんで遅く帰ってきたのか・・・。
子どもにとっては、とても重要なことなんですよね♪
大人としては、「仕事」や「飲み会」なんて、答えしか浮かび
ませんが、このおとうさんは、そんなんじゃないんです!!
理由がおもしろくて、つい一気読みしてしまいました。
子どもにこんな風に答えてあげるユーモアが、時には必要だな
と思いました♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 哲学的!  掲載日:2014/12/18
りんごかもしれない
りんごかもしれない 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
この絵本は、子どもの発想を豊かにしてくれる、哲学的な絵本です。
絵がかわいらしいので、難しく考えずに、楽しく読むこともできます。
でも、深く読むこともできるんです!!
こんなふうに考えることができたら、素敵だなって、大人の私も
思いました。
3歳くらいのお子様からおすすめだと思います☆
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う なるほど!!  掲載日:2014/12/12
かみなりさまとくわのき
かみなりさまとくわのき 脚本: 清水 たみ子
画: 安井 康二

出版社: 教育画劇
この紙芝居は、昔話の紙芝居なので、3歳の娘に、
読んであげたいと思ったお話です。
実は、私が知らなくて・・・。
読んであげることで、自分も学ぶことができて、一石二鳥♪
かみなりがなったときに、くわのきを飾る理由が、よくわかりました!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おとなはどきどきですが・・・  掲載日:2014/12/10
あさえとちいさいいもうと
あさえとちいさいいもうと 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
この絵本は、名作といわれている絵本で、いろんな本で紹介
されていました。
娘に読んでみると、案の定、娘は大好きになったようでした。
いなくなってしまった妹を探す、おねえちゃんの気持ちをよく
表現できていて、おとなはどきどきというか、ひやひやするの
ですが、子どもは共感できるようです。
まわりのお友達に聞いてみても、この絵本はやっぱり人気でした。
最後におかあさんもそろってみんなで帰る家があったので、
ほっとできました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいしそうなスープ♪  掲載日:2014/12/10
ぎょうれつのできるすうぷやさん
ぎょうれつのできるすうぷやさん 作・絵: ふくざわ ゆみこ
出版社: 教育画劇
この絵本は、シリーズになっているのですが、娘はそのなかでも
このすうぷやさんが、一番お気に入りかもしれません。
寒くなってきたので、我が家でもスープの登場回数が増えて
きました。
だからなのか、娘は、いつもおいしそうな顔をして、この絵本に
見入っています。
自分が食べるスープも想像しているんですかね(笑)♪
あったかそうなかんじがするので、冬におすすめの絵本です!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぐっときました!!  掲載日:2014/12/5
いいこってどんなこ?
いいこってどんなこ? 作: ジーン・モデシット
絵: ロビン・スポワート
訳: もきかずこ

出版社: 冨山房
いいこってどんなだろう・・・。
読み終わった時に、ぐっときてしまった絵本です。
娘に、呪文のように、「いいこだねー♪」と言ってきた私ですが、
いいこって、どんなこなんだろう?って、この絵本を読んで、
深く考えました。
なんだか泣きたくなってしまうくらい・・・。
娘がいてくれるだけで、それだけでいいんだということに、改めて
気づかされました。
読み終わったあとに、娘を抱きしめた絵本です!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいいおおかみ♪  掲載日:2014/12/5
きょうはなんてうんがいいんだろう
きょうはなんてうんがいいんだろう 作・絵: 宮西 達也
出版社: 鈴木出版
物語は、おおかみが、たくさんいるぶたを食べようとねらっている
ところから始まります。
でもたくさんぶたがいるので、ひとりで食べてしまうのはもったいない
と、おおかみは友達を呼びに行きます。
でも行く家、行く家で、いろいろなものをごちそうになっているうちに
ぶたを食べるという目的を忘れてしまうんです。
こわいいおおかみのイメージが、一気になくなる、おもしろい絵本
です。
かわいくすら思えてきますよ♪
参考になりました。 0人

1798件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • ふゆがすき
    ふゆがすき
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    アメリカで50年以上も愛され続けている絵本
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中