新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
ルルと魔法のぼうし

ルルと魔法のぼうし

作: スーザン・メドー
絵: こやまこいこ
訳: おおつかのりこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年7月31日
ISBN: 9784198627744

出版社のおすすめ年齢:低学年〜

出版社からの紹介

ルルは、代々一人だけ魔法使いが生まれる、手品師の一族に育てられた12歳の女の子。ある日ルルは、魔法のぼうしを見つけました。ところが、犬のコッチョがその中にとびこんだきり帰ってこなくなり、心配したルルは、ぼうしの中に入っていきました。いっぽう、いたずら好きの男の子がルルのぼうしをひろって、いたずらを始め…!? 
ゆかいな魔法の物語。かわいい挿絵入り。

ベストレビュー

不思議な帽子と、秘密の生い立ち

最近魔女や魔法の本にはまっている娘のために手に取った、幼年童話です。
ふりがなはふってありますが少し漢字も出てくるため、二年生くらいからおすすめでしょうか。

手品師の一族に拾われて育てられた12歳の女の子ルル。
一族には同じ代の子供に一人だけ本物の魔法使いが生まれるといいますが、ルルは自分には関係ないとあきらめていました。
でもそんなある日、衣装箱の底からシルクハットを見つけて…?

ルルが不思議な力を持つ帽子を手にすることにより起こる、冒険劇です。
女の子ならみんな、自由自在に魔法を使えるようになることを願うはず。拾われっ子だからとあきらめていたルルも、例外ではありませんでした。
娘いわく、帽子の中の世界と外の世界とがリンクして話が進んでいく様子が面白かったそうです。
最後には、ルルの生い立ちに関係するエピソードも。
本の厚みはそれほどありませんが、読んだ後にスッキリできる読み応えばっちりの幼年童話です。
(ひだまり☆ははさん 30代・ママ 男の子12歳、女の子8歳、)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,320円
1,320円
2,640円
968円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,300円
2,090円
5,500円
6,600円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ルルと魔法のぼうし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら