雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
子犬のラッキー大脱走
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子犬のラッキー大脱走

  • 絵本

出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「子犬のラッキー大脱走」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

えっ!もう終わり

訳者が私の好きな千葉茂樹さんだったので息子に読み聞かせした本です。

両親は船旅へぼくは夏休みのキャンプへそして犬のラッキーはペット・ホテルへ預けられます。

最近では子どものみ参加のキャンプも増えてきましたので、あまり違和感はないのですが、両親がその間に船旅というのがいかにも外国物という気がしました。

タイトルの通り、ラッキーは脱走します。

そしてそれを知ったぼくは?
ぼくの気持ち、ラッキーの気持ちがそれぞれ語られ、臨場感もたっぷり。

愛犬と離れ離れになるというのは、最近「アバラーのぼうけん」で読んだばかりなので、親近感のある話でもありました。

「アバラーのぼうけん」よりも、見つけ方は今時ではありましたけどね。

こういうお話は感動的ではありますよね。

笑いあり、思い通りにいかないこともありと、楽しめました。

小学中級からとありましたが、ページ数も少なくて、あっという間に読めてしまい、息子は「えっ!もう終わり」という反応でした。

あとがきには、この前の作品があるようなので読んでみたいと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

子犬のラッキー大脱走

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット