もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
岩波少年文庫 53 帰ってきたメアリー・ポピンズ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 53 帰ってきたメアリー・ポピンズ

  • 児童書
作: P.L.トラヴァース
訳: 林 容吉
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥760 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年6月18日
ISBN: 9784001140538

小学4,5年以上
小B6判・並製・カバー・386

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

メアリー・ポピンズがバンクス家を去ってから、子どもたちは彼女の帰りを心待ちにしています。ある日、公園でタコあげをしていると、糸の先に、ツンとすました彼女の姿が現れました!

ベストレビュー

帰ってきたらまた不思議ワールド

凧あげをしていたらメアリー・ポピンズがひっかかって帰ってきます。また、星座や太陽と一緒に遊んだり、今回はジェインのほうが機嫌の悪い日に当たったり、デク人形のようなメアリーの友人と遊んだり、、、、でも最後にメリーゴーランドに乗って、飛んで流れ星になってメアリーが行ってしまいます。

またいつか、帰ってくるのかしら、、、と不思議な気分になります。

不思議な名前入り風船屋さんも面白いですね。

相変わらずの不機嫌なメアリーですがたまに笑顔があるのは良かったです。家庭教師対家庭教師の戦いもなかなか面白いですが、メアリーは自分が変わり者と思われるのが本当にいやなんですね。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


P.L.トラヴァースさんのその他の作品

ポプラ世界名作童話(10) メアリー・ポピンズ / 台所のメアリー・ポピンズ おはなしとお料理ノート / メアリー・ポピンズ AからZ / さくら通りのメアリー・ポピンズ / メアリー・ポピンズとお隣さん / 岩波少年文庫 55 公園のメアリー・ポピンズ

林 容吉さんのその他の作品

岩波少年文庫 65 空をとぶ小人たち / 岩波少年文庫 64 川をくだる小人たち / 岩波少年文庫 63 野に出た小人たち / 岩波世界児童文学集 床下の小人たち / 岩波少年文庫 54 とびらをあけるメアリー・ポピンズ / 岩波少年文庫 52 風にのってきたメアリー・ポピンズ



『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

岩波少年文庫 53 帰ってきたメアリー・ポピンズ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット