おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
岩波少年文庫 105 さすらいの孤児ラスムス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 105 さすらいの孤児ラスムス

  • 児童書
作: アストリッド・リンドグレーン
訳: 尾崎 義
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥720 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年02月
ISBN: 9784001141054

小学4.5年以上
小B6判・並製・カバー・320頁

出版社からの紹介

孤児院をぬけだした9歳の少年ラスムスは,陽気な風来坊のオスカルにであい,街角でアコーディオンをかなでながらの旅にでる.凶悪な強盗犯をつかまえて大手柄をたてたラスムスは,やがて金持ちの夫婦にもらわれることになったが….リンドグレーンは,この人間愛あふれる作品を書いて国際アンデルセン賞に輝いた.[解説=山脇百合子]

ベストレビュー

ラスムスは探していた幸せを手に入れた

ラスムスは、孤児院で育った9歳の男の子です。
いつか、やさしくてお金持ちの夫婦が自分を子供にしてくれますようにと願っています。どの子も夢見ているのです。
でも、子供が欲しいとやってくる夫婦は大抵、かわいい女の子を連れて帰るのです。
ラスムスは、ある夜家出をします。発端はというととてもささいなことなのです。
だから、すぐに彼は根をあげて戻るだろうと、想像しながら読んでいたのです。ラスムスだって、孤児院を離れたのは初めてですし、何度も戻ろうと考えたのです。
でも最初の日に、ラスムスは、なんだかへんてこなおじさんに出会ってしまいました。自分も風来坊になりたいと、そのおじさんにくっついて歩きます。
とんでもないこわいことや、とても幸運なこともあるのですが
彼が選んだ道は、、、。
ユーモアにあふれた会話が楽しく、これは訳者の方もきっと素晴らしいのだとおもいます。挿絵も良かったです。
ラストは、思いがけない楽しさです。
リンドグレーンさんのお話には、ラスムスが出てくる本が3冊あるのですが、この3人はみんな別々のラスムスなのだそうです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アストリッド・リンドグレーンさんのその他の作品

ひみつのいもうと / こんにちは、いたずらっ子エーミル / ポプラ世界名作童話(8) 長くつしたのピッピ / 暴力は絶対だめ! / ピッピ、お買い物にいく / リンドグレーンと少女サラ 秘密の往復書簡

尾崎 義さんのその他の作品

岩波少年文庫 わたしたちの島で / 岩波少年文庫 名探偵カッレとスパイ団 / 岩波少年文庫 カッレくんの冒険 / 岩波少年文庫 名探偵カッレくん / 岩波少年文庫 550 北欧神話 / リンドグレーン作品集 15 わたしたちの島で



『たぬきがのったら へんしんでんしゃ』 <br>田中友佳子さんインタビュー

岩波少年文庫 105 さすらいの孤児ラスムス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット