しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ラムネ色さんの公開ページ

ラムネ色さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・大阪府

ラムネ色さんの声

1680件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 短い名作 読みやすい  掲載日:2017/4/27
ルブランショートセレクション 怪盗ルパン謎の旅行者
ルブランショートセレクション 怪盗ルパン謎の旅行者 作: モーリス・ルブラン
訳: 平岡 敦
絵: ヨシタケシンスケ

出版社: 理論社
ショートセレクション、3冊目です。
5冊はヨシタケさんの挿絵で、おしゃれになっています。
ショートで読みやすく、訳も新しくなっていて新鮮です。
ルパンは、やっぱり面白いですね。
初めの作品は、ルパンを追跡しているのが、実はルパンと言う楽しいお話です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う おやこで作れそうですね  掲載日:2017/4/27
バムとケロのおいしい絵本
バムとケロのおいしい絵本 監修: 島田 ゆか
料理・レシピ制作: 八木 佳奈

出版社: 文溪堂
図書館で読んでみました。
絵本に登場したかわいらしい食べ物たちを見ていると
作りたくなります。
むつかしいものはなくて、つくりかたも丁寧なので
おやこで作れそうですね。
最初に、登場人物の紹介があるのもたのしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ロマンチックな夜のはずが  掲載日:2017/4/27
いそがしいよる
いそがしいよる 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
ばばばあちゃんらしいですね。
家から外へのお引越しが延々と続きます。
何か持って来たら、あれやこれやと思いついてというのは
よくあることで、おかしいです。
ついて歩くねこちゃんも大変そう。
最初っから、雨降らないかなあ、、と見ていたら
ばばばあちゃんも、雨の心配。
いつも、楽しいばばばあちゃんのシリーズです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ガラゴに会いたい  掲載日:2017/4/27
かばんうりのガラゴ
かばんうりのガラゴ 作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
かばんが大好きなので、この絵本を見て
不思議なかばんうりのガラゴに会ったら
一番必要なかばんが見つかるかな?と思いました。
ガラゴの引っ張っているチェックのかばんは
実は、かばんも生きていて、ガラゴの親友なんじゃないか?とか
想像してしまいます。
なんでも、出てくる、自分で歩く、ベッドになってくれると
まあとにかくすごい。
もっと知られていない機能もありそう、、と想像。
この絵本は、続きのガラゴのおうちのお話と同様に
他の登場人物を探すのも楽しく、あちこち見どころいっぱいです。
ちなみに、私は最初の兄弟かばんが気になります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛いダヤンと守りたい森  掲載日:2017/4/27
ダヤンの絵本 森の音を聞いてごらん
ダヤンの絵本 森の音を聞いてごらん 作: 池田 あきこ
出版社: 白泉社
ボルネオの熱帯雨林に招待されたダヤンたちのお話です。
沢山の命をはぐくんでいる大きな熱帯雨林の絵が素晴らしいです。
熱帯雨林を守り、森のひとたちの命を助けることができたら素晴らしいと思います。
お試し読みで読みました。
購入したら、じっくりと、生き物が大好きな孫と一緒に読みたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しいシリーズ2冊目です  掲載日:2017/4/27
スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ
スギナ屋敷のオバケさん オバケとキツネの術くらべ 作: 富安 陽子
絵: たしろ ちさと

出版社: ひさかたチャイルド
シリーズの2です。
1では、スギナ屋敷を買って住み始めたおばけさん≪人間≫と
その友人になった、タヌキさんとうっかり生まれてしまった二人の本物おばけのお話でした。
この2の本で、新しく登場するのは、スミ丸ぎつね、ちょっとなまいきな、きつねで、おばけさんを困らせます。このきつねさんは、なんだか夜叉丸兄さんみたいです。
そして、山場さんというかわいい女のひとです。
やまんばさんだけど人間です。
かなあ、、?なんとなくやまんばみたいですが。
2冊を読んだところで、おばけさんのまわりは、とても賑やかになりました。
3冊目が楽しみです。
最後に美味しいフレンチトーストのレシピが載っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 翌朝は、ふりだしにもどって  掲載日:2017/4/27
Bam and Kero’s Frosty Morning バムとケロのさむいあさ 英語版
Bam and Kero’s Frosty Morning バムとケロのさむいあさ 英語版 作・絵: 島田 ゆか
訳: クリストファー・ベルトン

出版社: 文溪堂
バムとケロは、お話も面白いですが、お部屋のベッド回りや
おもちゃ、食卓の様子と、どのページもとてもかわいいのが
印象的、特にちっちゃいおもちゃが何をしているかすごく気になります。
寒い日に、凍った池からカイくんを救出して、一日楽しく遊ぶお話しです。
英語版も、英語ではこんな風になってる!と勉強になって面白いです。
バムちゃんはいつもかいがいしいです。
ミイラごっこなんて私なら怒ってしまいそうなのに、えらいです。
翌朝、カイくんがまた同じことをしていて、あーあです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しいシリーズになりそうですね  掲載日:2017/4/27
スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し
スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し 作: 富安 陽子
絵: たしろ ちさと

出版社: ひさかたチャイルド
たのしいお話の始まりです。
料理研究家のおば けんいちろうさんが
古いすてきなおうちを買いました。
ところが、その家は不思議なおうちでした。
最初の一日が、この最初の本で描かれています。
面白いお話ですが、出てくるお料理も美味しそう。
おばけさんのお得意のシフォンケーキの作り方も載っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すてきなホテルのようなお部屋  掲載日:2017/4/27
くすのきだんちのなつやすみ
くすのきだんちのなつやすみ 作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひかりのくに
くすのきだんちのシリーズです。
なつやすみ、朝からせみが鳴いて、暑い夏の一日がはじまります。
みんなそれぞれに、バカンスなど、予定があって、お出かけしてゆきます。
その日は、管理人のもぐだけが残って、一人ぽっちになってしまいました。
外にいるたくさんのセミたちに、助けられたり、長い夜は、ちょっと怖い思いをしたり。
だからみんなが帰ってきて、にぎやかになると余計嬉しいですね。
くすのき団地の様子、相変わらず素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい サービス精神旺盛なライオンさん  掲載日:2017/4/27
うがいライオン
うがいライオン 作: ねじめ 正一
絵: 長谷川 義史

出版社: 鈴木出版
たまにはおきゃくさんを笑わせたいと、考えてしまったライオンが、
ちょっとおふざけで、つるっと滑ってみせたら
見物客に受けてしまって、
ここで、ライオンが威厳を取り戻そうと思うのですが
一度すべったから、なんかいつまでも上手く威厳を取り戻せないようです。
最後に題名のうがいに行き着くのですが
うがいするのも、こっそりと気を使うライオンさんでした。
このライオンさんの絵、絵本らしくて好きです。
参考になりました。 0人

1680件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット