くろくまくんおふろでさっぱり くろくまくんおふろでさっぱり くろくまくんおふろでさっぱりの試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版
お外で遊んで、すっかりどろんこのくろくまくん。そんなときには、みんないっしょに、おふろに入ろう! おふろが楽しくなる絵本♪

ラムネ色さんの公開ページ

ラムネ色さんのプロフィール

じいじ・ばあば・60代・大阪府

ラムネ色さんの声

1380件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 百人一首の絵のようで美しい  掲載日:2017/2/23
はちかづきひめ
はちかづきひめ 再話: 長谷川 摂子
絵: 中井 智子

出版社: 福音館書店
幼いころに、読んだ絵本でお話の内容は、大体知っているつもりだったのですが、題名ははちかつぎひめだと思っていました。
はちかずきなのですね。
こちらの絵本を見つけたときは、百人一首の絵のようで、美しいなと思いました。
最後にはちが落ちて割れると、とても美しかったのは覚えていましたが
金銀サンゴ、彩錦の宝物が出現するのは知らなかったです。
シンデレラの日本版だと思っていたのですが、今もそう思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本の装丁も、動物たちの絵もかわいいです  掲載日:2017/2/23
きれいずき
きれいずき 作: エミリー・グラヴェット
訳: 福本 友美子

出版社: フレーベル館
手に取らずにはいられない。かわいい雰囲気の大型本です。
絵本の装丁も、動物たちの絵もかわいいです。
きれいずきなあなぐまさんは、森の中であらゆるものに目を光らせています。キツネの毛のもじゃもじゃを直したり、小鳥を水浴びさせたり、、
ところが、きれい好きが嵩じて、森を破壊してしまいます。
すぐに、気が付いてもとにもどせたから良かったですが、
本当なら。こうは行かないでしょう。
こういう絵本で、自然がどんなに大切かを学んでほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雪を降らせたりスキーをしたり  掲載日:2017/2/23
ふって!ふって!バニー
ふって!ふって!バニー 作: クラウディア・ルエダ
訳: 二宮 由紀子

出版社: フレーベル館
インタラクティブ絵本っていうのですね。
読者参加型絵本です。
バニーが読者に声をかけながら、スキーをします。
読者は、本を振って、雪を降らしたり、傾けてスキーを
滑りやすくしたり、おてつだいをします。
シンプルな色使いでかわいらしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何も持って帰ってはいけないよ  掲載日:2017/2/23
バーバパパかせいへいく
バーバパパかせいへいく 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
バーバパパ一家が、全員で火星へ出かけました。
火星の人たちに会って、和気あいあいと、紹介しあったり
楽しい時間を過ごしますが、、、その後はちょっと事件が起きてひと騒動起きてしまいます。
それは、バーバブラボーが持ってきてしまったインゲン豆が原因でした。
とんでもないことになるっていうことがわかります。
そして、またまた帰りにも、バーバベルが注意されていましたね。
こんなことが学べるのもバーバパパの絵本ならではですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う これはぴったりです  掲載日:2017/2/23
ねずみのいえさがし
ねずみのいえさがし 作・絵: ヘレン・ピアス
訳: 松岡 享子

出版社: 童話屋
写真絵本です。
ネズミが、家を探していますが、なかなかぴったりの場所が
見つからないようです。
ココがいいかなあ、、、と、いやいやここは○○すぎる の言葉の組み合わせが、続いてゆきます。
言葉の使い方が上手く理解できると思いました。
最後は、素敵なぴったりの家が見つかります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 季節の移ろい  掲載日:2017/2/23
仔牛の春
仔牛の春 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
季節の巡りが、描かれています。
仔牛が生まれての一年の季節の移り変わりが、
詩のような言葉とやさしい絵で描かれていました。
絵の表情が良いなと思います。
春の芽吹き、夏草の匂いなど、、。
ビバルディの四季がバックに流れているような気がする絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ノミは、困りますね  掲載日:2017/2/23
バーバパパののみたいじ
バーバパパののみたいじ 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
切実な感じのする絵本でした。
バーバモジャが、あちことかきむしっています。
なんと、お友達になった、はりねずみくんがのみだらけ!
ヒツジの毛刈りをしていたパパは、バーバモジャの毛を
いさぎよくカットしてしまいました。
でもママのお手製のあったかいカラフルなセーターが、
とっても似合っています。
ハリネズミくんも、ノミがいなくなったし、やれやれです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ゆきだるまさんのあたま候補  掲載日:2017/2/23
ゆきだるまのあたま
ゆきだるまのあたま 作: 黒田かおる
絵: せな けいこ

出版社: 金の星社
たろうくんが、胴体だけ作った雪だるまさん。
おひるごはんを食べに行ったたろうくんを、待ちきれなくて
頭になってくれるものを探します。
ゆきだるまさんのあたま候補?いろいろいるので、面白かったです。
最後のいい匂いで、小鳥も食べられる丸いパンが、なかなか良かったです。
やっと立派なあたまが来て、ニンジンのお鼻もついていて、
やっぱりこうでなくっちゃ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くまさんおおてがら  掲載日:2017/2/23
おおきなおおきなねこ
おおきなおおきなねこ 作・絵: せな けいこ
出版社: 金の星社
どうしてかっぱは、そんなに威張って、おばあさんをいじめるのかな
どうしてお月見の晩に限って、くまがやってきて寝ちゃったのかな
、、といろいろ疑問がわきましたが、とりあえずは、おばあさんが
いじめられることもなくなったので、よかったです。
くまさんは、やけどをして大変だったけど、
おばあさんの役に立ったのだから、
おばあさんに、ごちそうをもらうのかなと思ったけど、
そうでもなかったですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どのこのお弁当も美味しそうです。  掲載日:2017/2/23
きょうのおべんとう なんだろな
きょうのおべんとう なんだろな 作: 岸田 衿子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
山脇百合子さんのどうぶつたちの様子をみると、なぜかほっとします。
みんなのお弁当を楽しみにするようすと、何が入っていたのか、
みんなの感想の言葉も交えて一人一人の嬉しい様子が描かれています。
おおきなぞうさんやくまさんから、うさぎさんやりすさんなど、それぞれの
好物が入っていて、美味しそうです。
お弁当から、それぞれのやさしいお母さんの思いやりが
想像できる絵本です。
参考になりました。 0人

1380件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット