ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
めくってびっくり俳句絵本5 三つかぞえて 日常の俳句
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

めくってびっくり俳句絵本5 三つかぞえて 日常の俳句

  • 絵本
絵: メリンダ・パイノ
編: 村井 康司
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年03月
ISBN: 9784265052752

A5変型判・21.0×16.0・60頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

鳥たちの毎日は、まるで人間のようです。さみしかったり、たのしかったり、恋をしたり。
日常の俳句を14句収録。与謝蕪村、寺山修司など、おなじみの俳人が登場します。

ベストレビュー

「受話器から しやぼんの如き 母の声」

挿し絵はメリンダ・パイノさんが描いています。
オーストラリア人デザイナーで現在日本在住だそうです。
線と形と色がひとつのモノを描いているという印象で、どの句につけられている絵にもインパクトがありました。

句として面白かったのは「さっきから ずっと 三時だ」(岡田幸生)です。
こんな独り言みたいなものでも俳句になてしまうことに驚きました。
なんかわかるな〜と思ったのが、
「受話器から しやぼんの如き 母の声」(林圭)。
これはいいです。
母親の存在をすごくいい感じに表してくれている俳句です。
他にもいろいろいい句が載っています。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村井 康司さんのその他の作品

めくってびっくり俳句絵本4 うしろすがた / スポーツの俳句 ボールコロゲテ / めくってびっくり俳句絵本2 力いっぱいきりぎりす / めくってびっくり俳句絵本 1 てのひらの味

メリンダ・パイノさんのその他の作品

光の星



大人気「ひよよ」シリーズ、新刊発売記念!

めくってびっくり俳句絵本5 三つかぞえて 日常の俳句

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット