十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
おーいぽぽんた 声で読む日本の詩歌166
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おーいぽぽんた 声で読む日本の詩歌166

  • 児童書

出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,400 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年04月
ISBN: 9784834034691

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
ページ数: 196 サイズ: 24X16cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

この本は、詩と俳句と短歌166篇からなる詩歌のアンソロジー。心も頭も柔軟な小学生が声にだして読み、まるごと暗唱できるように作られています。詩の世界が満喫できる一冊。

ベストレビュー

絵本の後に詩歌も聞かせたいと思い…

 息子が、2歳の頃に購入しました。
 お休み前に、絵本の後に詩歌も聞かせたいと思い選んでいて出会った本です。
 子ども向けと言うことで、茨木のり子・大岡信・川崎洋・岸田衿子・谷川俊太郎・工藤直子などなど諸先生の作品や、金子みすゞ・佐藤春夫・中原中也・犀星・朔太郎等々、数え切れません。
 さらに、俳句・短歌も満載です。

 意味がわからずとも、楽しい言葉の響きを聞かせたい、楽しみたいと毎夜一つ読みました。
 お気に入りは、タイトルに一文が使われている『たんぽぽ』や『鰈』などです。

 小学1年の夏休みの自由研究は、『ぼくのすきな歌』と言うタイトルで、この本の中から選び写し、彼なりのイメージの貼り絵や押し絵をして、一冊の撰詩集を作りました。

 私が、お話し会に参加するようになって、絵本の前に必ず一つ詩を読みますので、大変活躍しています。

 いくつになっても楽しめる詩歌集だと思います。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

おーいぽぽんた 声で読む日本の詩歌166

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット