にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ジョン万次郎物語 THE STORY OF JOHN MUNG.
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジョン万次郎物語 THE STORY OF JOHN MUNG.

  • 絵本
作: ウェルカムジョン万の会
絵: アーサー・モニーズ
出版社: 冨山房インターナショナル

在庫あり

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784902385311

小5〜

出版社からの紹介

日本が鎖国している時代、アメリカという国の文化を初めて伝えた日本人・ジョン万次郎。彼の人生は、漂流から米国船に助けられ、アメリカに滞在するなど、波乱と冒険に満ち溢れていた。その生涯をわかりやすい日本語と英語で、日米の架け橋となるよう願いが込められた、愛と勇気の物語。

ジョン万次郎物語 THE STORY OF JOHN MUNG.

ベストレビュー

ジョン万次郎ってどんな人?

ジョン万次郎については、知っている人は多いかもしれないけれど、それほど詳しく知っているわけではない人も多いのではないでしょうか。
遭難したところを助けられ、アメリカに渡った漁師であること。
日本に戻って日本の開国に力を与えたこと…、このあたりからぼんやりしてしまうのですが、アメリカではどうだったのかは私もまったく知りません。
鎖国時代の日本、人種差別の国アメリカ、苦労は多かったと思いますが、この絵本は極めて好意的に美しく描いているように思いました。
しかも、文章も和訳も絵もアメリカ人であることが驚きです。
ジョン万次郎はアメリカにとっても偉業をなした人だったのですね。
絵には多少違和感も覚えますが、意味のある絵本だと思います。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




おさかないっぱい!ちんあなごワールドのおあそび絵本

ジョン万次郎物語 THE STORY OF JOHN MUNG.

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット