ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
もうお気に入りのカレンダーは購入済みですか?【2017カレンダー】
ライオンとであった少女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライオンとであった少女

訳: 斉藤倫子
著: バーリー・ドハーティ
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥1,600 +税

「ライオンとであった少女」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784072628751

四六判 288ページ

出版社からの紹介

「強くなりなさい、アベラ」母親は最後にそういい残して、息をひきとった。村から歩いて何日もかかる遠い病院にいったのに、薬がなくて、何も手をつくせないままに死んだのだ。絶望とともに村に帰った9才の少女アベラを待っていたのは、冷たくなった幼い妹の亡骸だった。肉親をつぎつぎに亡くし、孤児になったアベラは、イギリスへの不法入国をたくらむ叔父にだまされて、ロンドンに連れていかれ、そこで放りだされてしまう。アベラは絶望のなか、母親の最後の言葉だけを心の支えにし、歯を食いしばって生きていた。そのころイギリスで、同じ年頃の少女が、母親の愛情と親子の絆を信じられずに苦しんでいた。苦しみさいなまれるふたつの魂がであったとき――。家族とは?親子の絆とは?人の幸せとは?人にとって本当に大切なことを問いかける、カーネギー賞受賞者による感動作。

ベストレビュー

美しい

美しい表紙に魅せられたのでこの絵本を選びました。黒いバックが主人公たちを浮かび上がらせていてとてもセンスがよいと思いました。主人公がとても強いので感動しました。母親の最後の言葉もとても心に響きました。人生について考えさせられる絵本です。
(ぴょーん爺の娘さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

斉藤倫子さんのその他の作品

ダーウィンと出会った夏 / コリアンダーと妖精の国 / メイおばちゃんの庭



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

ライオンとであった少女

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット