貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
くまのプルプルのさんりんしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くまのプルプルのさんりんしゃ

作: リオネル・コクラン
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くまのプルプルのさんりんしゃ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

えっ?ホントに?

おおかみのグル3きょうだいはとってもいじわる。

いつもくまのプルプルをいじめています。

くまのおかあさんに叱られても全然なんとも感じません。

その時点でちょっとこの絵本どうなってるの?と

感じます。くまのおとうさん(マジシャン)が帰ってきてから

その仕返し?というかお返しに

3きょうだいを三輪車のタイヤに変えてしまいます。

それもまたどうなの?と思いましたが、

ちょっと全てにやりすぎ感を感じました。

日本の絵本ではありえない展開。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子3歳、)

出版社おすすめ


リオネル・コクランさんのその他の作品

天才のら犬、教授といっしょに哲学する。人間ってなに? / トトフ、じゅういになる / しょうぼうしのトトフ



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

くまのプルプルのさんりんしゃ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット