くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
「無言館」にいらっしゃい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「無言館」にいらっしゃい

作・絵: 窪島 誠一郎
出版社: 筑摩書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥740 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

戦争と家族愛

中学生へのメッセージとして書かれた図書です。
戦争で芸術への志を絶たねばならなかった戦没画家が、描いたのは家族であり故郷でした。
自分に一番身近なもの、一番愛したもの、一番大切なものを彼らは描いたのだと窪島さんは語ります。
無言館の作品を通して、描いた人間を訪ねて、たどり着いたのは若者たちにとってとても大切な「命、夢、愛」でした。
戦争という極限を通して、今の中学生に伝えたいのは「命を大切にすること」「夢をもつこと」そして、「家族を愛すること」。
窪島さんの図書を訪ね歩いて、子どもたちに伝えたいメッセージがとても明確にされ、語られている本だと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


窪島 誠一郎さんのその他の作品

いのち 生命 / 約束 「無言館」への坂をのぼって / 「無言館」ものがたり



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

「無言館」にいらっしゃい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット