ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
ずうっと おにいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ずうっと おにいちゃん

作: 岸川 悦子
絵: つちだ よしはる
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,359 +税

「ずうっと おにいちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

SIDS家族の会って、知ってますか?

実は、この本絵本ではないんです。小学校低中学年用の童話です。
でも、ナビに参加している方には小学生のお子さんをお持ちの方も多いようなので、お勧めさせてください。
これはSIDS(乳児生突然死症候群)で家族を亡くしたある家族の物語です。
本当あったことを作者が童話としてまとめたそうです。
「たかちゃん」はのんちゃんの弟、でも、生後6ヶ月くらいで、SIDSにかかって、亡くなってしまうんです。
その死を家族が受け止め、前に進んでいくまでの過程が描かれています。
中でも一番感動したところは、のんちゃんの担任の先生の対応。
亡くなったたかちゃんを想い、運動会の招待状を書こうとしたのんちゃんを、クラスのみんなが「気持ち悪い」と、攻め立てた時、こういうのです。
「みんながもし、たかちゃんだったらどうする?」
「悲しいよね。人間は一度は死ぬのよ。もしもみんながしんだらどうしてもらいたい?」って。
子供を叱るでなく、上手に「死」を見つめさせてくれる。こういう先生が本当にたくさんいるといいな。
後書きにのんちゃん本人の作文が載っていて、これがまた泣けました。
たくさんの人に読んでもらいたい1冊です。
(てんぐざるさん 30代・ママ 8歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

岸川 悦子さんのその他の作品

ユウキ / ジローのあくしゅ / いつもずっとそばにいて / おっちゃんの長い夏休み / るいちゃんのチンパンジー / かえってきてキジムナー

つちだ よしはるさんのその他の作品

はなびらがとんできた / はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ / だあれ?だあれ? / だっこだっこ / げんききゅうしょくいただきます! / おじいちゃんとケーキをつくろう



「観察が楽しくなる美しいイラスト自然図鑑」シリーズ 編集者インタビュー

ずうっと おにいちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット