もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
きいろいくつした
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きいろいくつした

作・絵: エレーヌ・リフ
訳: ふしみ みさを
出版社: パロル舎

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きいろいくつした」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「ぼくのくつしたがない!」
お気に入りのくつしたをなくした子羊はおおあわて。
家をとびだし、くつしたさがしに出かけます。
こぶたやカメも加わって、騒ぎはますますにぎやかに。
くつしたは、いったいどこへいったのでしょうか……?

ベストレビュー

はじけた芸術感覚

 表紙のイラストから、こういう遊び心のある絵本は息子向きかなと思い手にした作品。親子で読んでみて、やはり印象どおり内容もポップに飛んでいました。
 黄色い靴下を探す羊が主人公。この羊、ゴミやほこりがたまっているベッドの下から登場するのです。…で、靴下を探しに行く途中、やぶの陰でオシッコをしているところを通りがかりのブタに見られて真っ赤になってしまう。その真っ赤な色はなかなか落ちなくて、川に入るとやっと取れ、その川はイチゴの川になる……。「???」と思いっきりトンダ内容かと思えば、お月さまを黄色い靴下だと思い込み取りにいこうとしたり、と何となく子どもの絵本のような場面もあったりして。しかし、ちょっとわけがわからず理解に苦しむ展開です。息子も「何これ〜?」「わかんな〜い」を連発。でも、イラストは楽しいみたいで読む間中、笑顔が絶えませんでした。
 子どもと一緒に読む絵本というよりは、画学生とか美術専攻の学生たちがページを開く感覚の絵本。ちょっと小判ですがアートっぽいイラストはインテリアになります。作者は1児の母ということですから、きっとモダン芸術家肌のお洒落な方なのでしょう。フランスの絵本です。展開は「?」ですが、鮮やかで躍動感のあるイラストに星4つ進呈。
(ムースさん 40代・ママ 男の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ふしみ みさをさんのその他の作品

こねこのプーフー 8 サンタさんに あったよ! / ゆきのひのおくりもの / こねこのプーフー 7 スキーを したよ! / ネズミのゆうびんやさん / ネズミのゆうびんやさんのなつやすみ / チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア



『はみがきれっしゃ』『パジャマでぽん!』くぼまちこさんインタビュー

きいろいくつした

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット