ゆきが くれた おくりもの ゆきが くれた おくりもの
文: リチャード・カーティス 絵: レベッカ・コッブ 訳: ふしみ みさを  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある寒い冬の夜、ロンドンの街に大雪が降った! 勉強のできない男の子と、きびしい先生に起きた、あたたかな奇跡のものがたり。
てんぐざるさん 40代・ママ

映像で見てみたい気がしました。
この作品は日本では2014年の10月に…
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
へくそ花も花盛り 大道あや聞き書き一代記と、その絵の世界
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へくそ花も花盛り 大道あや聞き書き一代記と、その絵の世界

著: 大道あや
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥850 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

60歳のとき初めて絵筆を持ち、素朴画家として花を咲かせた大道あやの回想記。広島の静かな山間の村で生まれ育ったアヤコは、やがて結婚、広島での被爆を経て、共に暮らす生き物たちを主人公に絵を描き始める。

ベストレビュー

大道あやさんの自伝

今年の夏、息子の戦争を調べる宿題の時に読みました。

大道あやさんの聞き語り自伝とでもいうのでしょうか。大道さんが画家になる前、なった後のこと、原爆投下時の様子などがよく伝わってきました。

特に髪結い時代のことなど、この方は何をされても大成されたのではないかと思いました。

バイタリティがあり、力強く戦中戦後を生き抜かれたこと、またとても茶目っ毛のある語りぶりが印象に残っています。

戦争時代を生きた市井の人の記録として読んでも興味深いと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大道あやさんのその他の作品

こえどまつり / ヒロシマに原爆がおとされたとき / たろうとはなこ / あたごの浦 讃岐のおはなし / けとばしやまのいばりんぼ / ねこのごんごん



寝かしつけに最適な水中絵本

へくそ花も花盛り 大道あや聞き書き一代記と、その絵の世界

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット