庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
宇宙旅行に行こう 日本と世界のロケット大図鑑
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宇宙旅行に行こう 日本と世界のロケット大図鑑

著: 渡辺 勝巳
出版社: 昭文社

本体価格: ¥1,600 +税

「宇宙旅行に行こう 日本と世界のロケット大図鑑」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

世界中のロケット&宇宙船が大集合。日本と世界のロケットや、宇宙ステーションを紹介し、宇宙での暮らしや宇宙での体の変化、宇宙服のしくみなどを解説。宇宙体験ができる全国の科学館も掲載。

ベストレビュー

日本のロケットが網羅されている貴重な本

宇宙やロケットが大好きな6歳児のために、たくさんの本を読んできましたが、親子とも一番納得のいく内容なのが本書です。

この本は、まず日本の宇宙開発の説明が丁寧に記載されています。
日本でもたくさんのロケットが開発され、実際に運用されているのにも関わらず、子ども向けの本で紹介されることがほとんどありません。

そして、宇宙開発の歴史を正しく伝えようとする意志も感じられます。
多くの子ども向けの本が、ロシアの宇宙開発についての記述がほとんどなく、アメリカが宇宙開発の先進国であるような扱いです。
アメリカ寄りでいつも書かれる理由については、ロシアの情報が少ないこと。宇宙開発において日本はアメリカと協力関係にあったという2点が理由でしょうか。

本書はいつも気になっていたこの2点がきちんと解説されているという点で、貴重な本であったなと思います。
また、実際に見ることのできるロケットの実物の一覧や、宇宙関連の科学館等が網羅されています。
息子はこの本を読んで、HUロケットの実物を見に、つくば宇宙センターに行きたいと言いだし、家族で夏休みに行ってきましたが、
ボストークの帰還用カプセルやマーキュリーのカプセル、アポロの司令船が福井県にあるなんて知らなかった!次の長期休みは絶対福井です。

2008年発行のため、一部過去の記述が見られます。
宇宙飛行の歴史は2007年まで。
HUBロケットは開発中とありますが、2009年から打ち上げられています。
それでも、発行の古さを気にさせないほどに、
子どもの本としては、今一番必要な情報がすべて網羅されているといっても過言でない本でした。素晴らしいです。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

渡辺 勝巳さんのその他の作品

宇宙飛行士入門 / ポケットポプラディア(14) 検定クイズ100 宇宙 [図書館版] / 検定クイズ100 宇宙 / 小惑星探査機「はやぶさ」宇宙の旅 / ポケット天文検定 / 宇宙検定100 4 月・惑星探査



ねえ、「コワイ」って、もってる?

宇宙旅行に行こう 日本と世界のロケット大図鑑

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット