新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい
おばあさんになりたい

おばあさんになりたい

作: 後藤 淡紅子
絵: ふりやかよこ
出版社: 汐文社

税込価格: ¥2,200

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1998年03月
ISBN: 9784811372266

ベストレビュー

学校だけがすべてじゃない!

長女が好きな、ふりやかよこさんの絵で選んだ絵本です。

ちょっと変わった題名だな、と思うでしょうが、副題に「登校拒否を考える絵本1」とあります。

4年生になるはるちゃんが、ポツリとつぶやきます。
「あー、早くおばあさんになりたいなァ」
びっくりしたお母さんが聞き返すと、「だって、おばあさんになれば、もう何もしなくていいでしょ。いつもひなたぼっこしてられるし」

作者が次女の登校拒否の実体験をもとに書いたというだけあって、すごくリアルです。少女の心の葛藤がせつないほどよく伝わってきます。
いじめられたとか、先生と合わないとか・・・よく考えられる理由が見あたらなくても、誰でもなる可能性があるんですね。
みんなと波長がちがうと感じ、無理に合わせようとがんばれば、心と体がバラバラになって、自分がなくなるような気がする・・・とてもよくわかります。(実は私も社会に出てから経験しました。)

はるちゃんは、自分と波長の合った友達に会い、その子と遊びたいために、自転車に乗れるようになり・・・次第に新しい1歩を踏み出して行きます。
そう、学校だけがすべてじゃない!(わかっていても、親なら誰でもとまどうけれど・・・)

ひとつ残念なのは、フリースクールに行ってみようかな、という所で終わってるのですが、長男に「フリースクールって何?」と聞かれて、うまく答えられなかったことです。巻末やらあとがきに親向けの解説がついていればいいのにな、と思いました。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳)

関連記事

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

おばあさんになりたい

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら