貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ぼく、だあれ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼく、だあれ

作: 天野祐吉
絵: 梶山 俊夫
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

ぼくって??考えさせられます。

いろんな、「ぼく」が登場します。
例えば、まねしんぼう、くいしんぼう、あばれんぼう、・・・。ひとつひとつの説明がとても、おもしろくて、例えば、「ママにそっくり、おこりんぼう。」とか、「まけてもまけない、きかんぼう。」とか。だれでも、ひとつはあてはまる、弱点というか、直したいと思っている点が挙げられているようにも思えるし、それが、反面、魅力のようにも思えてきて、ぼくって??、私って??と、自分とか、家族とか、友達とか、いろんな人を見直す機会にもなるかな、と思います。
大きい子に読んであげれば、そんなことを話し合う機会にもなるかもしれないし、小さい子にはただ単に絵と、言葉を楽しんで聞ける絵本だと思いました。
(やみはままさん 30代・ママ 男の子12歳、男の子9歳、女の子6歳)

出版社おすすめ


天野祐吉さんのその他の作品

このよで いちばん はやいのは / ぬくぬく / のぞく / 絵くんとことばくん / ぼくのおじいちゃんのかお / くじらのだいすけ

梶山 俊夫さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 おんちょろちょろ / さるとびっき / きつねとかわうそ / こどものとも 日本の昔話 天のかみさま金んつなください / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(11) 古田足日子どもの本 / かぜのおまつり



南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

ぼく、だあれ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット