ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…
【限定5セット!】パリの気分を味わうマドレーヌの絵本7冊セットに、豪華なコースターをお付けします♪
おとうさんの絵
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おとうさんの絵

作: 相馬 公平
絵: 忌野 清志郎
出版社: マガジンハウス

本体価格: ¥1,400 +税

「おとうさんの絵」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

かっこいいお父さん!

「好きな人の顔をかきましょう」図工の授業の時間に
絵を描くことになった周平。
周平は迷わずお父さんの絵を描きました。順調に書き出した絵ですが
お父さんははげているので、髪の毛を描くところで
手が止まってしまいました。その理由が、お友達に
「お父さんがはげている」と言うことを知られてしまうから・・・。

周平が悩んでしまった事、多感な時期の小学校高学年の子からは
よく伝わるのでしょう。一緒に読んだ娘も、
「あ〜、わかるわかる!」って話してましたし、
私自身も同じように経験してきた事なのでよくわかります。
お友達に自分の家族のことを触れられると
なんとなく恥ずかしい気持ちになるんですよね。
更に、やっぱりお父さんってかっこいい!と改めて感じることができた
周平の気持ちもまたわかる!
4年生になった娘にはよくわかるな〜と思いつつ、
自分の両親(つまり私たちね)にも、
改めて感心を持つようなお話しで
いろいろと考えることがあったようですよ。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

相馬 公平さんのその他の作品

もしもであはは / はじめてのゆうき / ビリーは12さい / ハゲハゲライフ

忌野 清志郎さんのその他の作品

バッドキャット / ブーアの森



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

おとうさんの絵

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット