庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
王国の鍵5 記憶を盗む金曜日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

王国の鍵5 記憶を盗む金曜日

作・絵: ガース・ニクス
訳: 原田勝
出版社: 主婦の友社

本体価格: ¥2,000 +税

「王国の鍵5 記憶を盗む金曜日」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年01月
ISBN: 9784072548127

四六 判 360 ページ

出版社からの紹介

米国で全巻ベストセラーTOP10入りをはたす超人気シリーズ。物語はいよいよ佳境に突入。手に汗握る、第五弾! サーズデーを倒し、アーサーは第4の鍵と遺書を手に入れた。が、ほっとするまもなく、地球上に戻ったリーフは金曜日の管財人――レディ・フライデー――に捕らえられ、アーサー自身も彼女の罠にかかって、ひとり見知らぬ異世界に放り出される。地球上の人々は次々にレディ・フライデーに捕らえられ、それまでの記憶を吸いとられるいっぽう、誰の策略によるものか、ハウスそのものも、あちこちで崩壊の危機に瀕していた。フライデーの手から逃れて、人々をなんとか助けようとするリーフ。サタデーの刺客をかわしつつ、ハウスの崩壊――ひいては全世界の崩壊を食い止めようとするアーサー。絶体絶命に思える状況をふたりはくぐりぬけることができるのか?! クライマックスにむかって、物語は一気に加速する!

ベストレビュー

「トム船長」はある人に似てます。

4巻から5巻へ、息もつかずになだれ込んでいるという感じです。あくまで読み手としての私のイメージですが…。

いよいよというか、もう(?)金曜日まで来てしまいました!!
なに?このコメント、意味が分からない。という方、そこのあなた!
ぜひ読んでみてください、この作品は決して読み手を裏切りません!
最近ブームになっているファンタジー系の映画より、面白いと私は思います。

今回、主人公アーサーが挑むのは第5の鍵を持つ「レディ・フライデー」です。
フライデーが受け持つハウスの中層世界では、
第二世界(地球のある世界)の人間たちの記憶を食べ、人々の悲しみや喜びを味わうのが流行っていました。記憶を取られてしまうというのは、人にとって、死んだも同じこと。
地球で唯一アーサーに起きたことを理解し、協力してくれているアーサーの友だちリーフは、そのことを知りアーサーと離れた場所で1人、フライデーの企みに立ち向かっていきます。
アーサーもいい子だけど、リーフも何事にも前向きでとっても素敵な女の子です。(見ごたえはたっぷり)

そして、今回は結構いいところで間に合ってくれた「3巻:海に沈んだ…」からのアーサーの知人《トム船長》!!
出番は短かったけれど、大活躍で、美味しいトコ取りでした。

トム船長の容姿は『とても背が高い、白髪頭で、あごに白い無精ひげを生やした老人。…青い瞳…青い上着に青いズボン、膝で折り返した長靴といういでたち。右手には3m近い銛を握りしめ…』
とあります。
うちの子どもたちが好きで昔から見ているマンガ「ワン・ピース」に、なんだかとてもよく似たキャラクターがいましたね〜。
トム船長を想像すると、私はどうしてもその「海賊白ひげ」さんを思い浮かべてしまいます。
ここも要・チェック!
気になる人はぜひ!このシリースを読んでみてください。

とにかく、読みだしたら止まらない面白さがあります。
今現在日本で翻訳されているのは5巻までで、予告では今年中に残りの感が出るらしいです。あ〜っ!!早く読みたい!!
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ガース・ニクスさんのその他の作品

王国の鍵7 復活の日曜日 / 王国の鍵 4 戦場の木曜日 / 王国の鍵 3 海に沈んだ水曜日 / 王国の鍵 2 地の底の火曜日  / 王国の鍵 1 アーサーの月曜日 / 海賊黒パンと、プリンセスに魔女トロル、2ひきのエイリアンをめぐるぼうけん

原田 勝さんのその他の作品

エヴェレスト ファイル シェルパたちの山 / 飛行士と星の王子さま サン=テグジュペリの生涯 / ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯 / 大地のランナー / フェリックスとゼルダ / スピリットベアにふれた島



風変りで美しい表現方法がたくさん!

王国の鍵5 記憶を盗む金曜日

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット