くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
秘密の道をぬけて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

秘密の道をぬけて

作・絵: ロニー・ショッター
訳: 千葉 茂樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「秘密の道をぬけて」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年11月
ISBN: 9784751521953

小学校高学年
ページ数: 160頁

出版社からの紹介

10万人もの逃亡奴隷を助けた秘密組織〈地下鉄道〉には、駅長と車掌、そして10歳の少女、アマンダがいた。奴隷逃亡を助けた一家の物語。

ベストレビュー

希望と勇気をもらえます

歴史に刻まれた悲惨な事実をもとに書かれた物語です。
本当にこのような事があったのだろうと想像できます。

「奴隷制度」なんて恐ろしい制度でしょう。
奴隷にされた人々を救った人々もたくさんいたのですね。
「地下鉄道」という、逃亡奴隷を自由な土地に逃がす秘密組織があったそうです。
逃亡の途中でかくまう人を「駅長」と言ったそうです。
15万人もの奴隷を助けたと書いてありました。

この物語は、「駅長」をしている一家の娘アマンダが主人公です。
アマンダの家に逃亡した奴隷の家族をかくまいます。
懸賞金目的に追っ手がやってきます。その時の緊張感は息を飲みます。
奴隷の家族にはアマンダと同じ年の女の子ハンナがいます。
アマンダは、自分が今までまったく知らなかった奴隷という存在にとてもショックを受けます。

今、日本でも大変な思いをしている子どもたちがいます。
アマンダのように、その辛さを想像してどうすれば助けになるか考えることが必要です。
そして、辛い思いをしている子どもたちには、希望を持って生きてほしいです。
手を差し伸べてくれる人はきっといると信じてほしいです。

ハンナがアマンダに送った手紙は短いけれど、ハンナの喜びが詰まっています。
心の豊かさこそ大事なのだと教えてくれます。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


千葉 茂樹さんのその他の作品

泥 Fuzzy Mud / しぜんのかたち せかいのかたち ―建築家フランク・ロイド・ライトのお話 / コナン・ドイル ショートセレクション 名探偵ホームズ踊る人形 / せかいでさいしょのポテトチップス / ツリーハウスがほしいなら / 岩波少年文庫 ハックルベリー・フィンの冒険(下)



日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

秘密の道をぬけて

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット