雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

秘密の道をぬけて」 みんなの声

秘密の道をぬけて 作・絵:ロニー・ショッター
訳:千葉 茂樹
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784751521953
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「秘密の道をぬけて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 希望と勇気をもらえます

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    歴史に刻まれた悲惨な事実をもとに書かれた物語です。
    本当にこのような事があったのだろうと想像できます。

    「奴隷制度」なんて恐ろしい制度でしょう。
    奴隷にされた人々を救った人々もたくさんいたのですね。
    「地下鉄道」という、逃亡奴隷を自由な土地に逃がす秘密組織があったそうです。
    逃亡の途中でかくまう人を「駅長」と言ったそうです。
    15万人もの奴隷を助けたと書いてありました。

    この物語は、「駅長」をしている一家の娘アマンダが主人公です。
    アマンダの家に逃亡した奴隷の家族をかくまいます。
    懸賞金目的に追っ手がやってきます。その時の緊張感は息を飲みます。
    奴隷の家族にはアマンダと同じ年の女の子ハンナがいます。
    アマンダは、自分が今までまったく知らなかった奴隷という存在にとてもショックを受けます。

    今、日本でも大変な思いをしている子どもたちがいます。
    アマンダのように、その辛さを想像してどうすれば助けになるか考えることが必要です。
    そして、辛い思いをしている子どもたちには、希望を持って生きてほしいです。
    手を差し伸べてくれる人はきっといると信じてほしいです。

    ハンナがアマンダに送った手紙は短いけれど、ハンナの喜びが詰まっています。
    心の豊かさこそ大事なのだと教えてくれます。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット