トリックオアトリート! トリックオアトリート! トリックオアトリート!の試し読みができます!
作: 岡村 志満子  出版社: くもん出版
おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

Tamiさんの公開ページ

Tamiさんのプロフィール

ママ・40代・千葉県、男の子8歳

自己紹介
レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」に刺激を受け、
自然の中で子育てをしたいと、息子が1歳のときに、東京から千葉の海辺の町に引っ越しました。
毎日海や山を駆け回って遊ばせていますが、塾や習い事がまったくない地域なので、
せめてもと、絵本の読み聞かせを始めました。
息子の声に応えながら毎日1時間くらい読み、読書記録をつけていたら、
5歳までに読み聞かせた回数は20000回、読み聞かせた本は5000冊を超えました。
5歳半くらいからは完全に一人読みに移行。
夜は毎日2時間近く読むほどの本好きに成長しました。
好きなもの
5歳の息子が好きなもの。
電車、消防車、飛行機、ヘリコプター、戦闘機、レスキュー車、ロケット、などなど。
電車絵本だけで200冊以上読みました。大宮の鉄道博物館の年パス会員。

2016年、6歳。
「宇宙のサバイバル」をきっかけに急に宇宙にはまりました。
宇宙関連の本ばかり読んでいて、レゴではソユーズやアポロやスペースシャトルを作っています。

2017年、7歳、小2。毎日1時間は読書をします。
「実験対決」、「発明対決」、「サイエンスコナン」、「はたらく細胞」、「まんがサイエンス」など、科学漫画が大好きな科学っ子。
山岳救助の漫画「岳」や航空自衛隊レスキューパイロットの漫画「レスキューウィングス」も読破。
大人向けの漫画や図鑑も読むようになりました。
「ゾロリ」シリーズも5歳から読みつつ今だに愛読書。
趣味は盆栽。
ひとこと
レビューは子育ての記録のようなものです。
星5つにした本は、ぜひ購入して本棚に置きたいもの。
星4つは、図書館で借りてでもぜひ読んでほしいと思うもの。

Tamiさんの声

488件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 小学生でも問題なく楽しめました。  投稿日:2018/09/18
へなちょこ手づくり生活
へなちょこ手づくり生活 著: たかぎ なおこ
出版社: 白泉社
小3の息子がたかぎなおこさんの大ファンです。
学校でのマラソン大会を控え、マラソンを楽しめるようにと、
たかぎさんのマラソンシリーズを図書館で借りたのがきっかけです。
それ以来、息子はすっかりたかぎさんのファンになり、
著書は8割方読んでいます。

この本は、身のまわりのちょっとした雑貨や料理を、
なんでも手作りしてみようと奮闘するコミックエッセイです。
息子は、クリームソーダを作ってみたいというので、
この本の通りにクエン酸と重曹から手作りしました。
次は苔玉をやりたいと準備中です。
子供向けの手作り本もたくさんありますが、
大人向けと思われるこの本も、小学生から十分楽しめますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 書き込み式です。  投稿日:2018/09/18
ドラえもんの社会科おもしろ攻略 白地図でぐんぐんのびる地理力
ドラえもんの社会科おもしろ攻略 白地図でぐんぐんのびる地理力 作: 藤子・F・不二雄
漫画: 如月たくや

出版社: 小学館
ドラえもんのこの学習漫画シリーズは、
小3の息子の愛読書です。
この「白地図」は、漫画というよりは、
1冊通して、問題集というか書き込み式の参考書というのか。
つまりいわゆる読み物の漫画ではありません。
最初は日本地図の形を鉛筆で書くところから。
勉強にはなりますが、
単行本サイズなので、ちょっと小さく、
これだったら普通のB4とかの問題集のがやりやすかったかなと思います。
で、1週間の帰省時に持って行きました。
小ささの利点を生かして使うとよいかと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい プログラミングを始める前に読んでおきたい本。  投稿日:2018/09/16
なるほどわかった コンピューターとプログラミング
なるほどわかった コンピューターとプログラミング 文: ロージー・ディキンズ
絵: ショー・ニールセン
訳: 福本 友美子
監修: 阿部 和広

出版社: ひさかたチャイルド
現在小3の息子が、スクラッチにはまり、
毎日1時間パソコンに向かっては、ゲームやアニメーションを量産しています。
スクラッチをやりはじめたのは、科学館のプログラミング体験でしたが、
そもそもパソコンとプログラミングに興味をもったきっかけは、
小2のときに図書館で借りたこの本でした。
本自体がパソコンのような状態で、
しかけをめくりながらパソコンの仕組みを学べます。
スクラッチの命令の仕方などもわかり、
これからスクラッチを始めたい人にも一通り読んでおけば
すんなり入っていけるかと思います。

二進法など、私には正直読む気もしない内容も、
なぜか子どもは楽しみながら読みました。
繰り返し借りて読みました。
プログラミングに対するアレルギーのない子どもは、
これも読んでしまうんだなと感心しました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 使える本です。かなり役立ってます。  投稿日:2018/09/16
10才からはじめるゲームプログラミング図鑑
10才からはじめるゲームプログラミング図鑑 著: キャロル・ヴォーダマン ほか
訳: 山崎 正浩

出版社: 創元社
小3(8歳)の息子は、
日々スクラッチでゲームやアニメーションづくりに励んでいます。
乱数とかX座標とかY座標とか、
息子は次々に新しい機能を覚えていきますが、
なぜか親には難しく、
教えることができず、近くに教室もなく、
息子は本とEテレで独学しています。
で、結構機能を使いこなして来ている息子ですが、
やり方がわからずに困ったときや、
新しい機能を使いたいとき、
新しいゲームのアイデアを得たいときなどに
この本を参考にしています。
ページ数もあって内容も充実していて、結構使える本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 必殺技なのに。  投稿日:2018/09/16
おしりたんてい みはらしそうの かいじけん
おしりたんてい みはらしそうの かいじけん 作: トロル
出版社: ポプラ社
おしりたんていが大好きな息子。
小3ですが、新作が出るといまだに欠かさず読んでいます。
大人が読んでもそれなりに楽しめるのですが、
今回はなぜだかいつもと勝手が違う。
主語と述語が明確でなかったり、
大人が読んでも、文章が読みにくい。
一文が長くて、回りくどい言い回しが多い。
どうしてでしょうかね。
子どもは楽しんで読んでいたのでよいですが、
小さい子どもが読む本なので、
もう少し丁寧に作っていただけるとよいのですが。
おしりたんていの必殺技が決まらないシーンはおもしろかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 貴重なSTEM教育の本。  投稿日:2018/09/16
子供の科学STEM体験ブック ためしてわかる身のまわりのテクノロジー
子供の科学STEM体験ブック ためしてわかる身のまわりのテクノロジー 著: ニック・アーノルド
監修: ガリレオ工房

出版社: 誠文堂新光社
プログラミング教育が始まります。
なぜ小学生からプログラミングが必要なのか。
それは将来、子どもたちが、
人工知能に使われる人間ではなく、
人工知能を使える人間になれるために、です。
で、人口知能を使う人間になれるかどうかは、
「STEM」の力にかかってくるんだそうです。
STEMとは、科学、技術、工学、数学の頭文字を集めた言葉で、
このシリーズは、STEM教育のための本。
小3の息子にはちょっと難しいかなと思いつつ与えてみたら、
気付いたら勝手に読んでいました。
物語はほとんど読まないけど、
科学本が好きって子どもなら小学校中学年から読めるかと。
内容はどこまで理解してるかわかりませんが、
シリーズの中でこの本が一番好きとのことです。
実験もたくさん載っていて、自由研究にも使えそうです。
まだ日本にはSTEM教育の重要性が浸透しておらず、
子供向けの本も少ないのが実情です。
貴重な本だと思います。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 学校には行かなければいけない?  投稿日:2018/09/05
知るって、なに?
知るって、なに? 文: オスカー・ブルニフィエ
訳: 西宮かおり
監修: 重松 清

出版社: 朝日出版社
「知る」について考えた子ども向けの哲学本です。
「じっくり考えるのは、だいじなこと?」
とか
「なんでも知ってるほうがいい?」
とか、
知るについて6つの疑問について考えます。
様々な子どもに意見や反論がたくさん出てきます。
それぞれに納得できる部分があり、
いろいろな考えがあるということも知ることができていいなと思う。
最後に筆者の結論が書かれる。
これについても、まあそうかもしれないなと納得。

でも、
「勉強するには、学校へ行かなきゃだめ?」
について、筆者は「学校には行かなければいけない」と断言しています。
学校に生きずらい子がこれを読んでしまったら
追い詰められてしまいそう。
学校に行かなくてもできる勉強があることについては述べてくれてはいるけれど、
断言されるのはちょっと。
低学年の頃は、ちょっとやなことがあっても頑張って行ってほしいけど、高学年から中学校にかけてはつらいときは無理強いしたくない。
子どもにも、学校に行かないことはよくない
なんて思ってもらいたくないので、
子どもには読ませたくないです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 食べ比べしたいです。  投稿日:2018/09/04
いちご だんめん図鑑
いちご だんめん図鑑 作: わたなべまこ @築地市場ドットコム
出版社: 小学館
手のひらサイズのかわいい絵本です。
日本全国のイチゴ42種類の断面写真と特徴が書かれています。
だんめん図鑑とありますが、
断面の写真のある、イチゴ図鑑です。
日本全国のイチゴ農家さんが、
あまくておいしくて、病気に強い、新しい品種のイチゴを作ろうと、
努力してるんだなってのがよく伝わりました。
味の特徴なんて読んでしまうと、絶対に食べてみたくなります。
イチゴ好きの息子の食いつきもよく、
あまおうを食べたがってます。
参考になりました。 0人

よいと思わない 子どもには読ませたくないです。  投稿日:2018/09/03
わけあって絶滅しました。
わけあって絶滅しました。 監修: 今泉 忠明
著: 丸山 貴史

出版社: ダイヤモンド社
人間のエゴによって絶滅させられた動物たちを、
さもその動物たちが無能だったかのようにバカにして笑いをとる表現に怒りを覚えました。
生き物をバカにして笑いをとるのは、
楽しく学ぶこととはまったく違うと思う。
子どもには与えたくない本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おいしいのか気になってしまって…。  投稿日:2018/09/03
そらから ぼふ〜ん
そらから ぼふ〜ん 作: 高畠 那生
出版社: くもん出版
でかい食べ物、それだけで子どもは大興奮ですね。
でもこの主人公、食べないんですね。
お布団みたいにくるまれてお昼寝です。
食べてほしかったなー。
おいしいのかなー。
ものすごく気になります。
ものすごく気になってしまって、ちょっと消化不良気味。

表紙を見たときに洋書かと思いました。
日本ではないどこか異国の話みたい。
素敵です。
参考になりました。 0人

488件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

そらから「ぼふ〜ん」と落ちてきたのは巨大なホットケーキ!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット