ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

Tamiさんの公開ページ

Tamiさんのプロフィール

ママ・40代・千葉県、男の子8歳

自己紹介
レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」に刺激を受け、
自然の中で子育てをしたいと、息子が1歳のときに、東京から千葉の海辺の町に引っ越しました。
毎日海や山を駆け回って遊ばせていますが、塾や習い事がまったくない地域なので、
せめてもと、絵本の読み聞かせを始めました。
息子の声に応えながら毎日1時間くらい読み、読書記録をつけていたら、
5歳までに読み聞かせた回数は20000回、読み聞かせた本は5000冊を超えました。
5歳半くらいからは完全に一人読みに移行。
夜は毎日2時間近く読むほどの本好きに成長しました。
好きなもの
5歳の息子が好きなもの。
電車、消防車、飛行機、ヘリコプター、戦闘機、レスキュー車、ロケット、などなど。
電車絵本だけで200冊以上読みました。大宮の鉄道博物館の年パス会員。

2016年、6歳。
「宇宙のサバイバル」をきっかけに急に宇宙にはまりました。
宇宙関連の本ばかり読んでいて、レゴではソユーズやアポロやスペースシャトルを作っています。

2017年、7歳、小2。毎日1時間は読書をします。
「実験対決」、「発明対決」、「サイエンスコナン」、「はたらく細胞」、「まんがサイエンス」など、科学漫画が大好きな科学っ子。
山岳救助の漫画「岳」や航空自衛隊レスキューパイロットの漫画「レスキューウィングス」も読破。
大人向けの漫画や図鑑も読むようになりました。
「ゾロリ」シリーズも5歳から読みつつ今だに愛読書。
趣味は盆栽。
ひとこと
レビューは子育ての記録のようなものです。
星5つにした本は、ぜひ購入して本棚に置きたいもの。
星4つは、図書館で借りてでもぜひ読んでほしいと思うもの。

Tamiさんの声

458件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい まさに自分の気持ちです。  掲載日:2018/5/22
ちいさなあなたへ
ちいさなあなたへ 作: アリスン・マギー
絵: ピーター・レイノルズ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 主婦の友社
読み始めて数ページで涙が出そうになりました。
子どもの誕生がどれだけ幸福なことだったかを思いだしました。
どんな小さなことでも、我が子の成長はうれしかった。
これから先、つらいことや大変なことがあっても、
それを乗り越えてもらいたい。
自分が年老いて死んでも、その先も、
子どもには幸せでいてもらいたい。
そしてちょっとだけ私のことを思いだしてもらいたい。
普段言葉にすることのない自分の気持ちが、
まさにそのまま絵本になったような作品でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大切なことに気付かされました。  掲載日:2018/5/21
いいこってどんなこ?
いいこってどんなこ? 作: ジーン・モデシット
絵: ロビン・スポワート
訳: もきかずこ

出版社: 冨山房
子どもに対して、
もっとこうしてほしいとか
もっとこうだったらいいのに
とか思うことはあるものです。

息子は息子のままでいいんだ。
息子は息子だからこそ素敵なんだ。
って改めて気付かされました。

息子を自己肯定感の高い子どもに育てたいものです。
自信をもって社会に出ていけるように。

シンプルで短い文章なのに、
子育てで何より大切なことに気付かされました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 低学年から楽しめます。  掲載日:2018/5/18
きっぷでGo! ドクターイエローに会う方法
きっぷでGo! ドクターイエローに会う方法 原作: 豊田 巧
その他: 田伊 りょうき

出版社: ポプラ社
幼少期から鉄道好きの小3の息子が読みました。
喜んで繰り返し読んでます。
幼児向けは鉄道の絵本がたくさんありますが、
小学校低学年が読める本が少ないのが実情です。
この本は、漫画なのでわかりやすく、
ちょうどよい難易度かつ、情報量も豊富で楽しめたようです。
このシリーズまだ2冊目ですが、もっと読みたいとせがまれています。

ちょっと気になるのは、
きっぷでGOのシリーズには、
判型の大きいものと、ポプラポケット文庫という文庫モノと2種類あるようで、それぞれ出版されているものが違います。
ドクターイエローは文庫版。
低学年には絵や文字がちょっと細かい印象です。

参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 素敵感のある図鑑です。  掲載日:2018/4/25
世界一楽しい 遊べる鉱物図鑑
世界一楽しい 遊べる鉱物図鑑 著者: さとう かよこ
出版社: 東京書店
鉱物好きの息子のために買いました。
本当は大人向けの本だと思いますが、
好きな子ならば小2でも問題なく読めます。

息子が鉱物を好きになってから知ったことですが、
著者の方は鉱物カフェというものを営んでいて、
この世界ではちょっと有名な方だそう。
学者や研究者が作った図鑑ではないというのが、
この図鑑の特徴でしょうか。
写真がきれい。
レイアウトがおしゃれ。
遊び方もなんか素敵。
「世界一楽しい」はちょっとわかりませんが、
こういうもの1冊持ってていいなあという感じです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 歌ってあげたい絵本です。  掲載日:2018/4/23
みんな みんな いない いない ばあ
みんな みんな いない いない ばあ 文: 今村 葦子
絵: 斎藤 隆夫

出版社: あすなろ書房
「いないいないばあ」の絵本はたくさんあって、
息子が赤ちゃんのとき、いっぱい読み聞かせてきたけれど、
ただ「いないいないばあ」と言いながらページをめくるのは
読む方がちょっと退屈でした。

この本には楽譜がついていました。
全ページこの旋律で歌えます。
「ふくろうさん」はちょっと早口になりますが。

試しに歌ってみたら、とってもやさしい旋律で、
歌ってあげる方も、やさしい気持ちになれそうです。

ただ「いないいないばあ」ってページをめくるより、
なんだか楽しい。
絵もレトロっぽくてなんだか素敵。私好みです。
楽譜が読めるお友達の出産祝いに贈りたいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 化石が充実しています。  掲載日:2018/4/19
小学館の学習百科図鑑29・化石と岩石・鉱物
小学館の学習百科図鑑29・化石と岩石・鉱物 出版社: 小学館
新しく出ている「小学館の図鑑 NEO 岩石・鉱物・化石」と比べて
化石のページが断然多いです。
発行が古いので、写真の古さは否めませんが、
化石や岩石の発掘の様子などがわかりやすく、
地球の成り立ちの紹介も丁寧です。
岩石や鉱物よりも、化石が好き。
というお子さんでしたら、こちらのがオススメかも。
2冊揃えてみましたが、
我が家の息子は、鉱物オタクなので、
こちらの本はあまり見ませんけども。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 全ページが興味深い!  掲載日:2018/4/19
まぎらわしい現実の大図鑑
まぎらわしい現実の大図鑑 著: アンドレア・ミルズ
監訳: 増田 まもる

出版社: 東京書籍
この図鑑のシリーズは現在3冊出ていますが、
我が家で圧倒的に人気なのが、この本です。
もう見事にすべてのページが興味深い。
科学好きの小3の息子は、歓声をあげながら読んでいます。
図鑑というのは、
調べたいこと、興味をもったことのみのページしか見ないものですが、
この図鑑は読み物として完成されていて、
全ページ、家族で楽しく読ませていただきました。

息子が最も気に入ったページとしては、
「チンパンジーのDNAとヒトのDNAは約96%同じ?」という箇所。
なんと、ウシは80%同じ。
ハエは60%
バナナは50%
同じなんだそう。
なんかDNAって不思議。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ゾロリのスピンオフ作品  掲載日:2018/4/19
へいきのヘイタ-イシシとノシシのスッポコヘッポコへんてこ話
へいきのヘイタ-イシシとノシシのスッポコヘッポコへんてこ話 絵: 原 ゆたか
文: 原 京子

出版社: ポプラ社
ゾロリは登場せず、イシシとノシシのみのお話です。
ゾロリが大好きな息子は、
ゾロリ全巻を繰り返し繰り返し読んでいますが、
それ以外に読んでくれる児童書を探すのが一苦労。
しかも、もう3年生になるのだから、
もうちょっと小さな字のものやページ数の厚いものにもチャレンジしてほしいなというときに、これを見つけました。
ゾロリよりも字が小さく文字量も多い。
149ページもあって厚みもある。
こういう体裁の本も一人で読み切れると
親子とも自信につながりますね。
言うまでもなくお話も楽しいです。
このシリーズ、今のところ2冊しか出ていないのが残念です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 低学年にもわかりやすい歴史シリーズ  掲載日:2018/4/19
日本史探偵コナン(1) 縄文時代
日本史探偵コナン(1) 縄文時代 原作: 青山 剛昌
絵: 山岸栄一 斉藤 むねお

出版社: 小学館
コナン君の学習漫画には、
「名探偵コナン 推理ファイル 日本史の謎」
というシリーズが既にあります。
小3の息子は、コナン君の学習漫画はすべて読んでますが、
なぜかこの「日本史の謎」だけは読もうとしませんでした。
歴史を学び始める高学年の子は楽しめるのかもしれませんが、
低学年にはちょっと難しかったようです。
で、新しくこのシリーズが出たので与えてみたところ、
喜んで読んでいます。
もう少しで全巻そろいそうなんですが、
どの巻も夢中で読んでいます。
難易度が低く、
低学年にもわかりやすく楽しめるようです。
歴史のとっかかりにいいんじゃないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 仕掛けが楽しいよ。  掲載日:2018/4/19
にじいろでんしゃ はっしゃしまーす!
にじいろでんしゃ はっしゃしまーす! 作・絵: 間瀬 なおかた
出版社: 学研
1歳前から電車好きの息子は、
間瀬なおかたさんの絵本で育ったようなもの。
「でんしゃでいこうでんしゃでかえろう」
「でんしゃのたび」の2冊はたぶん100回くらい読まされました。
今は8歳、絵本はぼちぼち卒業ですが、
この春休み、鉄道博物館の図書館でこの本を見つけ、
やっぱりまた食いついていました。

自分の描いた絵が実物となって現れる夢のようなオープニング。
電車だけでなく、みんなの描いた絵も次々現実に。
宇宙や海が好きな他の子たちも楽しそう。
最後に虹が出てきてあーよかった。
確かに電車に興味のない子もいますからね。
そういう子も楽しめる絵本になりました。
優しいさし絵とお話、そして楽しい仕掛けで、
あー間瀬さんの絵本だなあと、
とても懐かしい気持ちになりました。
参考になりました。 0人

458件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット