なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
灰色グマワーブ/アライグマ ウェイ・アッチャの冒険
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

灰色グマワーブ/アライグマ ウェイ・アッチャの冒険


出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「灰色グマワーブ/アライグマ ウェイ・アッチャの冒険」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

新シートン動物記、題2巻。環境運動の先駆者シートンが100年前に描いた動物たちの世界に触れて、現代の環境問題を考えよう!

ベストレビュー

大自然の中で

私が小さい頃から持っていた本を娘に読みました。
トッパンの絵本シートン動物記シリーズです。
昭和39年発行のものなので、今現在出ているものとは
装丁が若干違いますが、中身はたぶん同じだと思われます。

灰色グマワーブの一生が描かれています。
おかあさんや他のきょうだいを人間の手によって殺され
しあわせだった小熊時代が突然終わってしまったワーブ。
大自然の中で苦労しながら、たくましく成長していきます。
読みながら、ああ、ちょっと寂しい物語だったよなあ・・と
思い出していました。動物のことが大好きだったシートンなのに
そういえば私が知っている物語はどれもこれもちょっと寂しい
ものでした。もっと明るく楽しいのがいいのになあと
なぜなんだろう?と昔思っていたことまでも思い出してしまいました。
娘もすっかりワーブに感情移入して惹き付けられるようにして
聴いていました。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

灰色グマワーブ/アライグマ ウェイ・アッチャの冒険

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット