もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷・根付け鈴もあるよ♪】
うさぎおばさんのとくべつりょうり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎおばさんのとくべつりょうり

作・絵: おぼ まこと
出版社: ぎょうせい

本体価格: ¥1,456 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うさぎおばさんのとくべつりょうり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

心のこもった手料理が一番。

うさぎおばさんのレストラン「にんじんてい」はいつもたくさんの動物たちでとてもはやっています。ところがある夜泥棒が入りお鍋やフライパンなど料理にかかせないものが盗まれてしまいます。それでもうさぎおばさんは、まにあわせの道具でいつも通りのおいしい料理をお客さんたちに出すのです。ところがまたもや泥棒が入り今度は「にんじんてい」の看板を盗まれてしまうのです。それでもお店はお客さんでいっぱいです。とうとう泥棒はうさぎおばさんをひもでしばりあげりょうりの味やひみつを知ろうとするのです。うさぎおばさんはにこにこしながら泥棒に料理を作って出すのです。ところがその料理には特別な味が隠されていたのです。犯人はとなりの森のレストランのやまねこさんでした。やまねこさんが食べた特別料理に興味がわきましたか?それは読んでからのお楽しみです。ちなみに我が家の4歳になる息子は「うぇー」という反応をしました。最後にこの絵本では、うさぎおばさんは「お母さんの心のこもった料理にはかないませんよ」というのです。その言葉を読んで親子共々心の暖まる絵本だなあと感じました。
(利恵子さん 20代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

おぼ まことさんのその他の作品

全集 古田足日子どもの本 限定復刻(2) 古田足日子どもの本 / カワと7にんのむすこたち クルドのおはなし / もりのふくろう / はなのはなうた / ようこそおばけ☆パーティーへ / 命をつなぐ250キロメートル ―抱きしめてBIWAKO



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

うさぎおばさんのとくべつりょうり

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット