しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
いちょうやしきの三郎猫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いちょうやしきの三郎猫

作・絵: 成田 雅子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いちょうやしきの三郎猫」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784061322202

出版社からの紹介

「講談社絵本新人賞」から生まれた新人のみずみずしいファンタジー
ほら、あなたのそばにもこんな猫がいるかもしれない
「まいにちいっしょにいたのに、あたし、三郎のこと、なにも知らなかった。」とつぜんいなくなった猫の三郎をさがして、麻美は《いちょうやしき》へ。そこで見たのは、麻美のまったく知らない、三郎のほんとうの世界でした。だれかをたいせつに思うことの切なさ……。ほわっとあたたかくて、じんと胸が痛くなる絵本。

ベストレビュー

知らなかった本当の君

少し取っつきにくい絵本かもしれませんが、じっくり染みこんでくる絵本です。
さがしあるいて見つけた飼い猫の三郎。
しかし、そこに見たのは自分の知らない三郎猫でした。
絵を描くことが好きで、自分の主張があって麻美ちゃんに都合の良いペット猫ではなかった。
三郎猫には自分の生活があったのです。

気分の手のひらの中で、勝手に転がしていた空想の君。
本当の君を知ったとき、君を認めることができるのだろうか?

絵の色彩と組み込まれた版画の線が、この物語を非常に効果的に読み手に伝えてくれます。

この絵本は読み聞かせ向きではないかも知れません。
対象も思春期の子どもたち?
私は親と子どもの関係として読みとりました。
さりげなく年頃の子どもの側に置きたいような絵本です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


成田 雅子さんのその他の作品

ひろとチロのなつまつり / やくそく / もうひとりの アドロ



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー




全ページためしよみ
年齢別絵本セット