なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ちーたーのロンボ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちーたーのロンボ

作: てらむら てるお
絵: やぶうち まさゆき
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥600 +税

「ちーたーのロンボ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

やっぱり渋い!2冊目はこれ!!

次女が保育園で借りてきた2冊目の絵本です。
どういう基準で選んだんだろう?
りりしい顔のチーター(しかも、動物を描かせたら右に出る人がいないと思われる、やぶうちまさゆきさんの本格的な絵です。)が表紙を飾る、かなり渋い絵本です。(幼稚園の頃、将来何になりたいか聞かれてチーターと答えた長男ならわかりますが・・・)

ひとりぼっちのちーたーのロンボは、どうしたら友達ができるかと、きりんに尋ねます。きりんは、やさしくしんせつにすることだと言いますが・・・???
優しくしたいと思いながら、それがどうすることかわからないロンボに、ハラハラドキドキさせられます。
よかれと思ってやったことが裏目に出てしまい、どうなることかとヒヤヒヤしながら読みました。
ホッとするハッピーエンドは、さすがてらむらてるおさんです。

雄大なアフリカに思いを馳せることができる、渋いけどなかなかすばらしい1冊です。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳)

出版社おすすめ

  • ゆきのひ
    ゆきのひの試し読みができます!
    ゆきのひ
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    くすのきしげのりさんと、いもとようこさんが贈る、寒い冬に心がああたまる、優しいお話。

やぶうち まさゆきさんのその他の作品

ここよ ここよ / どうやってねるのかな / なにのこどもかな / どうやってみをまもるのかな / きょうりゅうのかいかた / どうぶつのおやこ



西内ミナミさん、編集者・本多慶子さんインタビュー

ちーたーのロンボ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット