おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
やっぱり皆で作りたい♪『ピタゴラゴール1号』『荷物をのせると走るでスー』発売中!
オラ、サヴァ、チェリオの地球冒険の旅 パリ祭(普及版)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オラ、サヴァ、チェリオの地球冒険の旅 パリ祭(普及版)

  • 絵本
作: おそどまさこ
絵: エム・ナマエ
英訳: スネル 博子
出版社: 自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「オラ、サヴァ、チェリオの地球冒険の旅 パリ祭(普及版)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

電動車いすに乗った人と、盲導犬を連れた人、そして口話のわかる
耳の不自由な人3人が助け合って旅に出た!
全盲の画家・エム ナマエさんの描くイラストと、実際に障害者の世界旅をアレンジしているおそどまさこさんの経験から書かれた絵本です。
点字で描くパリの浮き出る触地図やイラストで示す「地球どこでも会話帳」つき。
全点訳版(本体:3200円)は、絵にもできる限り点字をつけ、目の不自由な方々にも
絵を触りながら一緒に楽しんでもらえるようにしてあります。
全・英訳付。

ベストレビュー

障がい者が旅行するには

作者はトラベルデザイナー。
絵は盲目のイラストレーター。
この絵本では、障がい者同士が助け合って旅行する、というお話です。
電動車いすに乗った人、盲導犬を連れた人、口話のわかる耳の不自由な人。
飛行機に乗る、道を歩く、ホテル、食事・・・。
みんなで工夫します。

ふりがなもなく少し長いので、
小学校高学年以上の障がい者理解の参考絵本といった感じでしょうか。
点字地図もあります。

エム・ナマエさんのイラストもいいです。
おはなしはメルヘン調にすすみますが、しっかりとリアリティを踏まえています。
(レイラさん 30代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


おそどまさこさんのその他の作品

オラ、サヴァ、チェリオの地球冒険の旅パリ祭 点字版

エム・ナマエさんのその他の作品

いつもぶうたれネコ / まちがしあわせになったよる / みつやくんのマークX / あしたのねこ / うさぎはかせうみへいく(チャイルド本社刊) / 世界でいちばん長い夜

スネル 博子さんのその他の作品

ねこのフェアリー / こどもの権利を買わないで / 森におかえり



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

オラ、サヴァ、チェリオの地球冒険の旅 パリ祭(普及版)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット