しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
おつきさまののぞきあな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おつきさまののぞきあな

作: おとわりょうこ
絵: いしまつみゆき
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,500 +税

「おつきさまののぞきあな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

主人公シトカは、ある日壁に小さなのぞき穴をみつける。その穴から見えたものはなんと大きな丸いおつきさま! 生と死、目に見えるものと見えないものをテーマに描いた絵本。 「わたしは ここよ/わたしの名前は シトカ/わたしは 青い地上に住んでるの/おつきさま わたしはここね?」(本文より)

ベストレビュー

向こう側にあるもの

この絵本は、作者の方が亡くなられた友人のために書かれたと言う絵本で、とても優しさと愛に溢れている感じがしました。
シトカという名前の女の子が、引っ越しをしたばかりで寂しい気分のある日、家の階段の壁に穴を見つける所から、物語は展開していきます。
なんと、穴の向こうにはおつきさま!そして、一人のお姉さん…
シトカは、その穴の向こうに見えたものから色々な想像や感情を経験して行きます。途中、悲しいお別れもあります。
そして、物語の最後には、とっても綺麗なイラストとともに、“世界にはきっとまだまだ知らない素晴らしい事があるんだろうな!”と、とても想像力が出てきて、あたたかい気持ちにさせられます。
少し長めの絵本ですが、次はどうなるんだろう?と、子供とも一緒に楽しみながら読める絵本だと思います。
そして、とっても大切に本棚にしまい、何度も読んでみたいなと思いました。(大人の女性にもいいと思います!)
(あっぷるじゅーすさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

おつきさまののぞきあな

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット