あたしのすきなもの、 なぁんだ? あたしのすきなもの、 なぁんだ?
文: バーナード・ウェーバー 絵: スージー・リー 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
パパと女の子の すてきなお散歩♪ 「……100万年たっても、1億年たっても、きみの誕生日はわすれない」
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
毒草の涙
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

毒草の涙

作・絵: まつおともこ
出版社: 文芸社

本体価格: ¥1,000 +税

「毒草の涙」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

静かな谷の片すみに、小さな毒草が生えていた。紫色の葉っぱをこわがり、小鳥も虫も決して近よらない。いつもひとりぼっちの毒草は、毎日薬草を摘みに来る小雪という娘の顔を見ることだけが楽しみだった。小雪への叶わぬ想いを抱く毒草は、自分が薬草になれない代わりに、ある決意をする。若い娘を喰う茶色オニが煮ているナベに自ら飛び込み、その毒でオニを退治しようと考えたのだ……。健気な毒草の行動を通して、自己犠牲の尊さと純粋な心を描いた、涙が溢れる絵本。

ベストレビュー

自分の欠点を乗り越えて

毒草は毒を持つために、いつもひとりぼっちです。
薬草を摘みにくる娘、小雪に想いを寄せていても
それはかなわぬ運命、でも、何かできることがあるはず、と・・。
自分の欠点を嘆いても仕方が無い。
その中で自分ができることは・・・。
何の役にも立たない毒草にも、小雪のためにできることがあった、
そのことが私達にエールを送ってくれているのかもしれません。
一般向けに分類されていますが、
淡い絵はその澄んだ愛の世界を伝えてくれるような気がします。
(レイラさん 30代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




大人気「ちいさなエリオット」シリーズ第三弾は遊園地へ

毒草の涙

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット