うさぎでうれしい うさぎはうさぎ うさぎでうれしい うさぎはうさぎ
作: さこ ももみ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
親子の1日は、こんなにもすばらしい!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
ちいさな労働者
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちいさな労働者

作: ラッセル・フリードマン
訳: 千葉 茂樹
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年10月
ISBN: 9784751517970

中学生〜一般
A5判 120頁

出版社からの紹介

マニュエルは5歳。缶詰工場で働く。パトリックは9歳。炭鉱で働き事故で死んだ。児童労働の実態を撮り続けた一人の写真家の生涯。

ベストレビュー

写真家・ルイス・ハイン

1900年代初頭のアメリカでは、子どもたちが過酷な労働に身を捧げていることがまたありました。

子どもの人権に気づき始めた人たちの中には、写真家のルイス・ハインもいました。

この本の中では、ルイス・ハインの写真と共に彼の足跡について記されています。

過酷な労働の中にある子どもたちが写真に向けるまなざしにははっとするような美しさが垣間見られます。

「わたしはただ、美しい子どもたちを写しただけです」というハインの言葉にはハインが子どもたちに向けた優しいまなざしを感じました。

健康状態を悪くするような過酷な労働を強いられていた子どもたち、教育の場を与えられることがなかった子どもたち、読んでいて胸が痛くなるようなことが多かったのですが、子どもの人権を守るために活動をしていたハインの活動を知ることができたこと、知られざる歴史を知る機会ができたことは、読んでいてありがたい思いでした。

まだ世界のどこかでは、この時代のアメリカのように、労働者として働かされている子どもたちがいることも忘れてはいけないと思います。

千葉茂樹さん訳ということで手にとったのですが、千葉さん訳の本には社会派の伝記的な本が多く存在するんだなあということを思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ラッセル・フリードマンさんのその他の作品

ライト兄弟

千葉 茂樹さんのその他の作品

せかいでさいしょのポテトチップス / ツリーハウスがほしいなら / 岩波少年文庫 ハックルベリー・フィンの冒険(下) / カランポーのオオカミ王 / 甲虫のはなし / こうえん



南極で越冬したネコがいた!?  『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

ちいさな労働者

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット