貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
アニメ版 グスコーブドリの伝記
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アニメ版 グスコーブドリの伝記

  • 児童書
原作: 宮澤 賢治
原案: ますむら・ひろし
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年06月
ISBN: 9784652020357

小学中高学年
A4変型上製 27cm
135ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

イーハトーヴ森の木樵りの息子として両親と妹と穏やかに暮らしていたグスコーブドリは、
森を襲った冷害のため家族を失くし、一人ぼっちになってしまいます。
それでもブドリは、生きるために精一 杯働き、やがて成長し火山局に勤めるようになります。
そこに再び大きな冷害が襲ってきました。あの悲劇を繰り返さないため、ブドリはある決心をします。

●編集者コメント
宮澤賢治は東北岩手が育んだ作家です。37年の人生で、大きな地震や冷害を経験しています。
それでも賢治は、故郷を愛し続けました。東北の厳しい自然と向き合い、
人々を守るためにある決断をしたブドリの姿は、2011年の東日本大震災を経験した、
私たち日本人に、たくさんの勇気と感動を与えてくれることでしょう。

ベストレビュー

初めて見たので

このお話は子供が初めて見たので借りてきました。お話は、グスコーブドリが飢饉に見舞われた村を助けるものでした。両親が飢饉のせいでいなくなって、妹もさらわれてと辛いことが続いたのですが、最後は村のみんなのために飢饉の原因だった寒さを自分の命をもって解消してあげていたところが、かっこよくて感動したと子供は言っていました。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

宮澤 賢治さんのその他の作品

猫の事務所 / ざしき童子のはなし / シグナルとシグナレス / 銀河鉄道の夜 / 土神と狐 / 蛙の消滅

ますむら・ひろしさんのその他の作品

銀河鉄道の夜(ますむら版) / JARiA−ジャリア / カイロ団長/洞熊学校を卒業した三人 / アタゴオル玉手箱(9) / アタゴオル玉手箱(8) / アタゴオル玉手箱(7)



新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

アニメ版 グスコーブドリの伝記

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット