うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
こんちき号北極探検記 ホッキョクグマを求めて3000キロ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こんちき号北極探検記 ホッキョクグマを求めて3000キロ

  • 児童書
著: あべ 弘士
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「こんちき号北極探検記 ホッキョクグマを求めて3000キロ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2012年07月26日
ISBN: 9784062178099

小学校高学年から
A5変型 21cm
127ページ

出版社からの紹介

絵本作家・あべ弘士が北極をゆく!
ホッキョクグマ、セイウチ、シロイルカ……元旭山動物園飼育係の目で見たユニークな北極絵日誌。

絵本作家のあべ弘士さんは、昨年、念願の北極旅行を体験。北緯79度の北極圏に浮かぶスヴァールバル諸島(ノルウェー)を中心にした、約4週間のヨットでの旅です。
25年間、旭山動物園で飼育係としてさまざまな動物と関わり続けてきた動物のスペシャリストとして、あべさんはホッキョクグマ、セイウチ、アザラシ、ホッキョクギツネ、さまざまな鳥類など、たくさんの野生動物たちを氷河の合間を縫いながら観察しました。
その内容をつぶさに記録した航海絵日誌を元にできたのが、この探検記。
絵本作家であるあべさんに「これまでとは自身の絵が変わった」と言わしめたほどの強烈な北極体験が、臨場感に富んだスケッチやユーモア溢れる文章で日々記録されています。

数年前のクジラを食べるホッキョクグマ、60万羽のハシブトウミガラスの大コロニー、焼き芋のようにころがるアザラシ、4万年前の空気の音、判じ物のような雪渓、ゆかいなクルーたち……野生動物はもちろん、人間や、厳しい自然に囲まれた土地など、ありとあらゆるところに、あべさんの観察眼は注がれます。
地球温暖化の影響を最も端的にうけるという北極。絶滅も危惧される動物たちのいまの様子がリアルに伝わるこの探検記で、冒険の楽しさはもちろん、生きものに対する驚異と尊敬を感じとっていただければと思います。
登場する生きものは、ホッキョクグマ、アザラシ、セイウチ、ホッキョクギツネ、スヴァールバルトナカイ、ミンククジラ、シロイルカ、クリオネ、ヒメウミスズメ、ニシツノメドリ、ハシブトウミガラスなど。

※小学5年生以上・漢字にルビ

こんちき号北極探検記 ホッキョクグマを求めて3000キロ

ベストレビュー

リアルなスケッチ

『あらしのよるに』の絵を担当されたあべ弘士さんの北極探検記。
旭山動物園の飼育係をしてたので、動物たちの知識は豊富なだけに、
リアルなスケッチによるレポートは臨場感たっぷりです。
ホッキョクグマ、セイウチ、アザラシ、ウミガラス・・・。
ここにも収められている動物たちのエピソードは、
そのまま数々の絵本作品としても発表されています。
あべさんの感動がそのままスケッチから感じられ、北極の生き物の世界を体感できそうです。
そう、命の様子そのものです。
ウミガラスの大群、アザラシたちの様子、ホッキョクグマの食事風景・・・。
氷山の風景も的確に活写されています。
同行したスタッフの様子も興味深いですね。
ヨットや船内の様子もよくわかります。
あべさんならではの視点が軽妙で面白かったです。
(レイラさん 40代・ママ 男の子19歳、男の子16歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あべ 弘士さんのその他の作品

わにのスワニー / あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ / どうぶつえんはおおさわぎ / 宮沢賢治「旭川。」より / ぷんぷんヒグマ / 完全版 あらしのよるに



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

こんちき号北極探検記 ホッキョクグマを求めて3000キロ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット