もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
フェリックスとゼルダ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フェリックスとゼルダ

  • 児童書
著: モーリス・グライツマン
訳: 原田 勝
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「フェリックスとゼルダ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年07月
ISBN: 9784751522240

中学生
216頁

出版社からの紹介

10歳の少年フェリックスは一人、孤児院を脱けだし旅に出る。3年8ヶ月の間に世界が変わってしまったことも知らずに・・・。つらい運命を想像力ではねとばすフェリックスの長い旅。

ベストレビュー

胸がえぐられる

第二次世界大戦下のポーランド。10歳のユダヤ人少年フェリックスは、ナチスの迫害から逃れさせるため、親が修道院へ。しかし何も知らない彼は脱出して両親を探すたびへ出てしまいます。やがてゼルダら同じような境遇の子どもたちと出会い、ゲットーの地下室で暮らしますが、見つかって貨車に載せられ・・・
少年が独白する文体で書かれている物語は、戦時下とは思えないほど楽天的な言葉で、ある程度予測のつく年齢層が読むと、胸がえぐられるような思いをします。
ホロコーストと呼ばれた大量虐殺を描いた本はたくさんありますが、これほど目が離せない物語に出会ったことがなかったので、一気に読んでしまいました
作者のモーリスはオーストラリアの作家ですが、祖父がポーランドから移住してきたユダヤ人で、この問題に深い関心を寄せ、当時を描いた多くの資料を読んで、この物語を書いたと、文末に役者が述べています
続編が三作あるらしいので、翻訳されて一日も早く読んでみたいと思います
中学生以上にはぜひ読んでいただきたいと思います
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

原田 勝さんのその他の作品

エヴェレスト ファイル シェルパたちの山 / 飛行士と星の王子さま サン=テグジュペリの生涯 / ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯 / 大地のランナー / 王国の鍵7 復活の日曜日 / 王国の鍵5 記憶を盗む金曜日



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

フェリックスとゼルダ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット