もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
1年生からよめる日本の名作絵どうわ (1) 赤いろうそくと人魚
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

1年生からよめる日本の名作絵どうわ (1) 赤いろうそくと人魚

  • 児童書
作: 小川 未明
絵: 安西 水丸
編: 宮川 健郎
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2012年09月30日
ISBN: 9784265071111

小学校低学年 〜 小学校中学年向け
A5判 21.6×15.6cm
72ページ

出版社からの紹介

人間の世界へあこがれる人魚は、陸に子どもをうみおとした。ろうそく屋の老夫婦は、人魚をひろい大切に育てるが…。小川未明の名作を人気イラストレーター安西水丸が描く。

ベストレビュー

低学年には難しいと思います。

『赤いろうそくと人魚』は、私の好きな小川未明の作品です。
童話として小学校時代に読んだ記憶がありますが、「1年生からよめる名作絵でどうわ」としては、あまり適していないように思います。
このお話は暗くて悲しい物語だから、安西水丸さんの絵では軽すぎる気もします。
ひらがなが多用され、解説も細かいのですが、かえってこの物語の味わいをそいでいると思います。
神さまからの授かり物だと思い、人魚の娘をわが子のように育てた老夫婦が、鬼のも思える心変りをするところがこの物語の重要なポイントです。
人魚がどのような思いで家を後にしたか、考えると切ないさに身をつまされるのですが、この心理描写を理解できるのは、ある程度精神的に成長した子どもではないかと思います。
それでも、この物語は多くの児童に読んで欲しいお話です。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小川 未明さんのその他の作品

月夜とめがね / とっておきの笑いあります! もう一丁!! / 赤いろうそくと人魚 / ものぐさじじいの来世 / 太陽とかわず / 金の輪

安西 水丸さんのその他の作品

ふりかえりおじさん / がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん / ぞうのふうせんやさん / おさるのケーキやさん / はるのどきどきマジック! / おばけのアイスクリームやさん

宮川 健郎さんのその他の作品

わらぐつのなかの神様 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(13) 古田足日子どもの本 / みんなに知らせる / 1年生からよめる日本の名作絵どうわ (2) 魔術 / 1年生からよめる日本の名作絵どうわ (5) 大造じいさんと雁 / 1年生からよめる日本の名作絵どうわ (3) 泣いた赤おに



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

1年生からよめる日本の名作絵どうわ (1) 赤いろうそくと人魚

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット