しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【1歳のあの子へ】声に出してみたり、真似してみたり。親子で一緒に楽しみましょう。「1歳向け絵本セット」
地の掟月のまなざし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

地の掟月のまなざし

著者: たつみや章
画家: 東 逸子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,700 +税

「地の掟月のまなざし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年01月
ISBN: 9784062100342

サイズ:四六変型 ページ数:374

出版社からの紹介

第37回野間児童文芸賞受賞の『月神(げっしん)の統(す)べる森で』に続く連作長編第2弾
縄文から弥生へ。まぼろしの超古代にいどむファンタジー

ベストレビュー

縄文時代の神々と新しい「神」

縄文時代、数々のカムイ(神)がいた時代のお話。ヒメカはマユハと通じてトヨを生んだせいで神通力を失うが、神通力を持ったユツを殺そうとし、同じような力を持つシクイルケたちを邪教として糾弾する。そしてその秘密を知ったワカヒコたちを殺そうとする。しかし正しい心を持つ者はけしてへこたれず、信じ続ける。

環境破壊や、人間の業や強欲についてもつい考えてしまうようなファンタジー小説でした。非常に面白く、逃げ出したワカヒコがどうなるか、とても興味深い作品です。正義の心を持っていれば協力者に出会えて解決法も見つかるというのは教育上、良い展開かと思います。

リアルにありそうな話で、面白くてついつい読めてしまうのですが、中学生くらいからおすすめです。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


たつみや章さんのその他の作品

夜の神話 / 冥界伝説・たかむらの井戸 / 天地のはざま / 月神の統べる森で / スズメぼうし / じっぽ まいごのかっぱはくいしんぼう

東 逸子さんのその他の作品

Qはせかいいち / みつよのいた教室 / 名作を1冊で楽しむ ギリシア神話 / さとるくんの怪物 / 送り人の娘 / 想魔のいる街



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

地の掟月のまなざし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット