十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
白銀の夜をこえて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

白銀の夜をこえて

  • 児童書
作: スザン・フレミング
訳: 百々佑利子
画: 金森 達
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,068 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「白銀の夜をこえて」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年11月
ISBN: 9784251062260

A5

ベストレビュー

実話を元に

このところ、息子の読み聞かせは岩波少年文庫からでした。たまに、他の出版社の絶版本の中から何か知らない本を発掘したくなる衝動にかられることがあり、読んでみたのがこれです。

舞台は1955年のアメリカ。主人公の少年の年齢はわかりませんが、母を癌で亡くし、仕事が不規則な父と離れておじ夫婦のところで暮らすために、長距離列車に乗ります。

雪崩により列車に閉じ込められたという実話が元になっているそうです。

ちょうど愛知県にも初雪が降った日、肺炎で長く休んでしまった息子に読み聞かせをしました。

珍しく大雪だったので、雪に降りこめられる情景が描きやすかったようです。

救助を待つ列車の中で助け合ったり、パニックになった人を励まし合ったり、その中でも楽しみを見つけたりする人たち。

もちろん、キーパーソンになる人はいましたが、少年がその中で深く考えて成長していく様が丁寧に描かれていました。

読み聞かせを始めた頃は、あまり親近感がわかなかったようでしたが、どんどんと物語の中に引き込まれていきました。

あかね世界の児童文学シリーズ、注目して読んでいきたいです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

出版社おすすめ

  • おやすみ〜
    おやすみ〜の試し読みができます!
    おやすみ〜
     出版社:くもん出版
    大好きなものに「おやすみ〜」と挨拶する赤ちゃん。おやすみ前の1冊にピッタリ!

百々 佑利子さんのその他の作品

蝶の目と草はらの秘密 / カンガルーには、なぜふくろがあるのか / 古代エジプトのものがたり / 古代メソポタミアの物語 ルガルバンダ王子の冒険 / ポプラポケット文庫 ジキル博士とハイド氏 / ポプラポケット文庫 聖書物語



取り外せるマイクでうたおう♪あそぼう♪

白銀の夜をこえて

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット