ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
「クリフォード」おおきいあかいクリフォード
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「クリフォード」おおきいあかいクリフォード

作・絵: ノーマン・ブリッドウェル
訳: 正木玲子
出版社: エムオン・エンタテインメント

本体価格: ¥1,200 +税

「「クリフォード」おおきいあかいクリフォード」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

クリフォードは、真っ赤な犬。しかも家よりも大きな赤い犬。このシリーズは、クリフォードとそのともだちエミリーの友情物語です。1963年に初めて絵本が出版されて以来、60冊以上ものシリーズが刊行されている、米国のロングセラー。

ベストレビュー

家族で大好き

特に誰かに薦められたわけでもなく、たまたまソニープラザ(雑貨屋さん?)に買い物の途中で寄ったときに、電池で歩くおもちゃで「クリフォード」を見つけて、2歳の娘が欲しがったのがきっかけでした。
そのおもちゃ自体が絵本の主人公であることは知らずに、妻がネットで検索をしてみたら、2005年末頃に日本語版が発刊されたとのことで、早速1冊買ってみました。それが「大きい赤いクリフォード」でした。(60年も昔に発刊されていたそうですが)

 ちょうど娘も私達との言葉のコミュニケーションができるようになったころだったので、「クリフォード」と飼い主の女の子「エミリー・エリザベス」の名前もすぐに覚えたようで、毎日2〜3回、多いときは6回、7回と読んで読んでと請求されています...妻が...。
 話の内容としては、クリフォードが町に住む、自分の家族の下を訪れる内容です、親兄弟がどんなところで暮らしているのかを描いた作品です。クリフォードは一戸建てよりも大きいのでそれをいかした活躍などが描かれています、どのようにして大きくなったかは「あかいこいぬのクリフォード」でわかります。
 
 作品の中のクリフォードの表情が非常に面白く、飼い主でもあるエミリーにとても愛されているのがわかります。大人でも楽しく読めると思いますよ。
娘も何度読んでも飽きないらしく、絵本を読み終わった後もぬいぐるみのクリフォードとお話をしています。
 
 クリフォードの泣いた顔、笑った顔を見るのがとにかく癒される1冊だと思います。是非どうぞ。
(ナナチャマメさん 30代・パパ 女の子2歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ノーマン・ブリッドウェルさんのその他の作品

クリフォード まちにいくの巻 / クリフォード / となりのまじょのマジョンナさん



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

「クリフォード」おおきいあかいクリフォード

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット