話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

「クリフォード」おおきいあかいクリフォード

「クリフォード」おおきいあかいクリフォード

作・絵: ノーマン・ブリッドウェル
訳: 正木玲子
出版社: エムオン・エンタテインメント

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784789718844

出版社からの紹介

クリフォードは、真っ赤な犬。しかも家よりも大きな赤い犬。このシリーズは、クリフォードとそのともだちエミリーの友情物語です。1963年に初めて絵本が出版されて以来、60冊以上ものシリーズが刊行されている、米国のロングセラー。

ベストレビュー

家族で大好き

特に誰かに薦められたわけでもなく、たまたまソニープラザ(雑貨屋さん?)に買い物の途中で寄ったときに、電池で歩くおもちゃで「クリフォード」を見つけて、2歳の娘が欲しがったのがきっかけでした。
そのおもちゃ自体が絵本の主人公であることは知らずに、妻がネットで検索をしてみたら、2005年末頃に日本語版が発刊されたとのことで、早速1冊買ってみました。それが「大きい赤いクリフォード」でした。(60年も昔に発刊されていたそうですが)

 ちょうど娘も私達との言葉のコミュニケーションができるようになったころだったので、「クリフォード」と飼い主の女の子「エミリー・エリザベス」の名前もすぐに覚えたようで、毎日2〜3回、多いときは6回、7回と読んで読んでと請求されています...妻が...。
 話の内容としては、クリフォードが町に住む、自分の家族の下を訪れる内容です、親兄弟がどんなところで暮らしているのかを描いた作品です。クリフォードは一戸建てよりも大きいのでそれをいかした活躍などが描かれています、どのようにして大きくなったかは「あかいこいぬのクリフォード」でわかります。
 
 作品の中のクリフォードの表情が非常に面白く、飼い主でもあるエミリーにとても愛されているのがわかります。大人でも楽しく読めると思いますよ。
娘も何度読んでも飽きないらしく、絵本を読み終わった後もぬいぐるみのクリフォードとお話をしています。
 
 クリフォードの泣いた顔、笑った顔を見るのがとにかく癒される1冊だと思います。是非どうぞ。
(ナナチャマメさん 30代・パパ 女の子2歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ノーマン・ブリッドウェルさんのその他の作品

クリフォード おおきな おおきな あかいいぬ / クリフォード ちいさな ちいさな あかいいぬ / クリフォード まちにいくの巻 / クリフォード / となりのまじょのマジョンナさん


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 諸芸・娯楽 > 「クリフォード」おおきいあかいクリフォード

えほん新定番 from 好書好日

「クリフォード」おおきいあかいクリフォード

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット