話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

わかがえりの みず

わかがえりの みず

作: 水谷章三
絵: 赤坂 三好
出版社: 世界文化社 世界文化社の特集ページがあります!

税込価格: ¥440

「わかがえりの みず」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

ベストレビュー

欲を出すととんでもない!

ワンダー民話館を、幼稚園で年間購読しています。
その中の一つ、「わかがえりのみず」は・・・

むかし、じいさまとばあさまがいて、じいさまが山の畑に草取りに出かけます。
そのうち、のどが渇いてがまんできなくなって、水を探しに行きます。
探して探して、ようやく小さな泉を見つけます。
その水を飲むと、なんと、じいさまの腰がしゃんとのび、顔のしわもなくなっていたのです。
じいさまは、とんで帰るとさっそく、ばあさまに話します。
ばあさまも若くなりたいと、その小さな泉を探しに行きます。
ばあさまは、あっぷら、かっぷら、息もつかずに飲みました。
「もっと、わかくなりてえ」
ばあさまは、飲み続けたため、とうとうあかんぼうになってしまったということです。

最近、娘も長い話も聞けるようになったので、昔話も読んであげるのですが、昔話のよさも改めて感じるようになりました。
この話も、欲を出すととんでもないことになるということですよね。
これからも、機会があれば、昔話を読んであげようと思います。
(多夢さん 40代・ママ 女の子5歳)

関連記事

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

わかがえりの みず

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら