乗り物の迷路 車、電車から船、飛行機まで 乗り物の迷路 車、電車から船、飛行機まで 乗り物の迷路 車、電車から船、飛行機までの試し読みができます!
作・絵: 香川 元太郎 監修: 小賀野 実  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
しゅうくりぃむさん 40代・ママ

やっぱいい!
久々に香川元太郎さんの迷路を開きました…

多夢さんの公開ページ

多夢さんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県、女の子14歳

自己紹介
絵本が好きになったきっかけは、娘への読み聞かせでした。
その娘も、もう中学生になりました。
私が絵本を借りてくると、こっそり読んでいます。

現在、私は、幼稚園での読み聞かせの活動をしながら、
小学校の読み聞かせもお手伝いしています。

               (2013.10.9)
好きなもの
絵本作家さん   村上康成さん、あきやまただしさん
         長谷川義史さん、宮西達也さん
童話作家さん   佐藤さとるさん、あまんきみこさん
新日本画家    中島 潔さん
ひとこと
最近の感想の傾向としては、小学校と幼稚園での読み聞かせの感想、
自分自身で読んだ感想が主になっています。

忙しくてなかなかレビューを書けずにいますが、
これからも、マイペースでいきますので、よろしくお願いします。

絵本ナビさんには、常に様々な情報を提供して頂きありがとうございます。
初めて絵本ナビに感想が掲載されて、8年。
絵本ナビさんとは、長いお付き合いをさせていただいています。
これからも宜しくお願いします。

ひとりでも、絵本の好きな子どもが増えますように。

                        (2013.10.9)


多夢さんの声

1588件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 手が・・・  掲載日:2014/8/26
こちょこちょ ももんちゃん
こちょこちょ ももんちゃん 作: とよた かずひこ
出版社: 童心社
娘にも、小さいころ、こちょこちょしてました。
自分がされるのはくすぐったくて嫌だけど、
子どもって可愛いですよね〜
ついつい何度もやって、幸せを感じていました。

ももんちゃんがおともだちを呼ぶと、
「はーい」とみんな素直にいい返事。

何をされるのか知らないのに・・・
ももんちゃんのあの手が、
いかにもいたずらやるぞって構えてます。

みんなこちょこちょされて、大笑い。

その後の笑顔がみんないいですね。

さすがに、さぼてんさんは・・・痛いか。

今度は、ももんちゃんが呼ばれて・・・

素敵な親子のふれあい。
こちょこちょはいいです。

幸せいっぱいのおはなしに、昔を思い出していました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おとうさん だーいすき!  掲載日:2014/8/26
どうしたのブタくん
どうしたのブタくん 作・絵: みやにし たつや
出版社: 鈴木出版
わんわん泣いているブタくんを心配して、
ともだちが集まってきました。

弟とけんかして、おとうさんに怒られたというブタくん。
思わず、「おとうさんなんて、大嫌い!」と言ってしまいます。

すると、ともだちは、怒るけどおとうさんのこと大好きと言います。
なぜって・・・

強くてかっこよかったり、いろいろなことを教えてくれたり、
それぞれのおとうさんは、こどもたちにとって憧れのようです。

みんなの話を聞いているうちに、
ブタくんも、気持ちが落ち着いてきて、
急いで家へ。

こどもにとって、おとうさんは怖い存在です。
それでも、やっぱりおとうさんのこと大好きなんです。

おとうさんが好きってことに気づかせてくれるおともだちの存在も素敵だし、
おとうさんに、「ごめんなさい。」って素直に謝れるブタくんも素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 真夏のドライブ!  掲載日:2014/8/25
モリくんのすいかカー
モリくんのすいかカー 作・絵: かんべ あやこ
出版社: くもん出版
夏と言えば海!
海と言えば、スイカ割り!
(あまり見かけませんが・・・)
暑い日の冷たいスイカ、美味しいですよね。

「モリくん」シリーズを読むのは、今回が初めてなんですが・・・
主人公はこうもりのモリくんと、おともだち。
みんなで、スイカ割りやって、
スイカを食べて、そして、スイカの皮でスイカの車を作ります。

みんななかよし。
協力して、立派なすいかカーをつくると、海へ。
水陸両用なのがいいですね。

とっても気持ち良さそう。
途中で、おばけだこに追われたりしたけど、
みんなでつくるすいかのポンチは、なんて美味しそうなんでしょう。

とってもみんな仲良しで、うらやましい。

楽しい夏を満喫できるおはなしです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ギュッ  掲載日:2014/8/25
わたあめおばけ
わたあめおばけ 作・絵: とよた かずひこ
出版社: 学研
とよたかずひこさんって、こんな絵本も描いていたのですね。

マンガのように細かいコマ割りで、擬音語のほかは言葉がありません。
だから、絵をじっくり見ながら、お話のイメージをふくらませて楽しめます。

おねえちゃんと夏祭りに出かけたぼく。
賑やかに夜店が並び、とても楽しそう。
ところが、ぼくは金魚すくいで失敗して、おこって一人で家に。
途中、残ったお金でわたあめを買います。
ところが、風がふいて、わたあめはおばけになって飛んで行ってしまいます。

ぼくの後ろ姿。顔が見えないけれど、
口をあけてびっくりしている金魚たちを見ると、
想像できますよね。

なんともかわいらしいおばけです。
夜になると元気になって、
わたあめのように、甘くやさしく癒してくれます。
「ギュッ」がいいですね〜

見ている私まで、ほんわかあったかい気持ちになります。

ただ、おばけが、熱のある男の子を夜のプールにつれて行き、
泳ぐシーンがあるのですが、
これっていいの?って思ってしまいました。
ぼくは、楽しそうでしたけどね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思い出いっぱい。  掲載日:2014/8/25
おとまりのひ
おとまりのひ 文: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
久々の新刊ですね。11年ぶりですか。
もう、シリーズは終わりだと思っていました。

はじめてのおとまり会。
子どもたちにとっては、楽しみでもあり不安でもあり。
でも、やっぱり楽しいことがいっぱい。
意外と、子どもたちの方は平気だけど、
おとうさんおかあさんたちの方が心配で、園まで子どもを見に行ったり。
娘の時も、心配の親が、園まで見に行っていました。
そう、この絵本みたいにね。

みんなで銭湯に行ったり、すいかを食べて、花火をして。
みんなで一緒に寝ます。
園長先生のこわい話もおまけつき。
楽しいことがいっぱい。思い出いっぱい。

園長先生って自分でこわい話をするのに、こわがりなんだ〜
そして、ちゃっかりと一番に寝てるし。
相変わらずの園長先生でしたよ。

ということで、ピーマン村に、また新しいお話が加わりました。

娘は、みんなで銭湯に行ったあと、アイスの小豆バーを食べたことが、
今でも思い出に。
あれ以来、小豆バーが大好きになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 甘えん坊なヤモちゃん  掲載日:2014/8/25
ぴたっとヤモちゃん
ぴたっとヤモちゃん 作: 石井 聖岳
出版社: 小学館
昨日の夜、窓を這うヤモリを見ました。
我が家に住みついているヤモリ。
毎年、1〜2回は見かけ、見つけると安心します。
(今年も、家を守ってくれてるのね)って。

そう、ヤモリは上手にくっつきます。
窓だって、彼らには朝飯前なのでしょうね。

そんなヤモリのヤモちゃんも、くっつくのがだ〜いすき!
葉っぱだけじゃないんです。
ネコさんにぴたっ!
カメさんにもぴたっ!
とにかく、ぴたっとくっつくのが好きなんです。

でもね、なかにはくっつかれるのが嫌いな生き物もいるんだよ。

ほら、調子に乗ってたら怒られた。

泣き出したヤモちゃんを、今度はみんなが慰めるて・・・

う〜ん、やっぱりヤモちゃん、可愛い。
確かに、うっとうしいと感じるところもあるかもしれないけど、
ぜんぜん憎めないところがすごい!

ただただ、くっつくだけのお話だけど、なんだか、ほのぼのしていい感じ。
ヤモちゃんが可愛いからね。
それだけで許せちゃう。

ヤモリ大好きな私にとって、ヤモちゃんは目に入れても痛くない存在になりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 怖い?それとも・・・  掲載日:2014/8/25
おばけのきもだめし
おばけのきもだめし 文: 内田 麟太郎
絵: 山本 孝

出版社: 岩崎書店
夏になると流行るお化け屋敷や肝試し。
どうしてみんな、こんな怖いものが好きなんだろう・・・
私は、好き好んで見に行く気にはなれない。

とわいえ、絵本ぐらいなら許せるかな。

おばけのこどもたちが、震えています。
今夜は、肝試し大会だからです。

こどもでも、やっぱりおばけはおばけです。
彼らだけでも、十分怖いですが、
その彼らが怖がるものって、さてなんでしょう?

いざ、おばけの森へ。
そろ、そろ、そろり。
みんなだんごになって歩いていくと・・・

次から次へと出てくるおばけ。
迫力があって、でもなんだか愛嬌があるおばけたち。
でも、実際にあんな怖いやまんばに追われたら、
さぞかし腰を抜かすことでしょう。
ひとつリクエストするなら、やまんばの正面の顔が見たかったです。

おばけのこどもたちの怖がる姿がかわいいです。

サブストーリーは、可愛らしい恋物語。
温かい目で見守ってあげたいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏は太陽!  掲載日:2014/8/25
おーい おひさま!
おーい おひさま! 作: よこた きよし
絵: 西村 敏雄

出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社
今年の夏は、なんか変!
雨が多すぎます。
太陽の恵みが・・・
夏は、やっぱり太陽でしょう!

今日も朝からおひさまジリジリ。
何日も続く暑さに、ウサギのぴょんは我慢できなくなって叫びました。
「やい、おひさま、暑くするのはやめてくれ!」
すると、おひさまは悲しそうな顔をして雲のかげへ・・・。
ようやく涼しくなって、喜ぶ動物たち。
でも、みんな、だんだんと元気がなくなって・・・

おひさまの出ない日が続くと、どうなると思いますか?

みんなは、おひさまの大切さに気付きます。

暑すぎるのは困りますけど、やっぱりおひさまも大切な役目があります。
夏は暑くて当然。
太陽があって当然。
恵みに感謝。ですよね。

西村敏雄さんの絵が、とても味があって好きです。

おーい、おひさま!
この雨、なんとかしておくれ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 捕まえろ!  掲載日:2014/8/20
トムとジェリーのどうぶつナンバーワン
トムとジェリーのどうぶつナンバーワン 作画: 菅原 卓也
出版社: 河出書房新社
♪仲良くけんかして♪

今日も、トムとジェリーは追いかけっこ。
ジェリーが、トムに向かって投げた一冊の本から、
動物たちが逃げ出した?

面白い設定に、思わず身を乗り出してしまいました。

「どうぶつナンバーワン」という本を開いてみると、
あるはずの動物の写真がなくなっています。
そこでふたりは、動物たちを探しに出かけます。

「迷路」や「みっけ」「間違い探し」などのパズルを解くと、
動物を捕まえたことに。

楽しい工夫がされていて飽きさせない物語の進め方に、
大人の私でも楽しめました。
もちろん、子どもたちもきっと夢中になること間違いなし!

いろんな動物のナンバーワンも知れて、
ちょっとした動物博士になれるかも。

個人的には、間違い探しが好きなので、
とっても楽しめました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「本当に大切なもの」  掲載日:2014/8/20
トムとジェリー アニメおはなしえほん(6) たいせつなものは…
トムとジェリー アニメおはなしえほん(6)  たいせつなものは… 作画: ヤマグチ アキラ
出版社: 河出書房新社
大切なものは・・・?
ちょっと気になるタイトル。
どんなお話だろう。

今回、ふたりが教えてくれるテーマは、「本当に大切なもの」。
アニメのように、トムとジェリーの追いかけっこがメイン。
でも、その中でも、大切なものが見えてくる。

たいせつなものは・・・ともだち。
たいせつなのは・・・ともだちをたすけること。
たいせつなのは・・どりょくすること。

ともだちの助けを借りながら、勝負するトムとジェリー。
ケンカをしながらも、その時その時にたいせつなものがある。

上手に練られた構成に、思わずすごい!って思った。

子どもたちにわかりやすい。
いつも追いかけっこばかりのトムとジェリーだけど、
いっぱい大切なもの、教わった。
大人でも勉強になった。
参考になりました。 0人

1588件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
サイン本販売中