まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
暗号クラブ(2) ゆうれい灯台ツアー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

暗号クラブ(2) ゆうれい灯台ツアー

  • 児童書
著者: ペニー・ワーナー
イラスト: ヒョーゴノスケ
出版社: 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

本体価格: ¥850 +税

「暗号クラブ(2) ゆうれい灯台ツアー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年08月
ISBN: 9784840152723

小学校中学年から
四六判

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

暗号クラブに届いた挑戦状の暗号を解いた4人は、旧刑務所にのこされたメッセージを見つける。世紀の大盗賊ダイヤモンド・デイブがのこしたお宝に、たどりつくことができるのか!?暗号を解きながら読むとおもしろさ10倍!新感覚なぞ解きミステリー!

ベストレビュー

今度の仕掛け人はパパ!?

今回も最初の部分にやはり暗号表がついています。手旗信号やモールスは1巻でも出ていましたが、ノック式やLEET暗号表などは1巻にはなかったものです。

2巻では、不思議なメールで誘われたアルカトラズの塔での秘密探しの話。授業でアルカトラズへ行くことになった暗号クラブの4人ですが(授業で刑務所に行くんですね!?日本ではありえない気がするけど)、いろんな場所に潜んだ暗号を探し、ダイヤモンド泥棒の遺産を探していきます。

ラストで分かるのですが、このメールを出したのは実はパパ。途中で暗号が変わってしまうのですが、パパもどうやって暗号を前もって隠したのか不明だし、学校の授業で我が子と遊ぶなんていけない気がするし、我が子をキケンに巻き込むようなのはよくないので、全体的に、ちょっとパパに賛同できません。

最後、今度は先生から?か分かりませんが、あらたな誘いが届きます。

面白いけど、やはり暗号がからむと冒険の香りがしてきてしまいますね。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ペニー・ワーナーさんのその他の作品

暗号クラブ(4.5) 暗号クラブ結成の日 / 暗号クラブ(4) よみがえったミイラ / 暗号クラブ(3) 海賊がのこしたカーメルの宝 / 暗号クラブ(1) ガイコツ屋敷と秘密のカギ

ヒョーゴノスケさんのその他の作品

ホラー横丁13番地 (4) ゾンビの肉 / ホラー横丁13番地 (5) 骸骨の頭 / ホラー横丁13番地 (6) 狼男の爪 / ホラー横丁13番地 (3) ミイラの心臓 / ホラー横丁13番地 (2) 魔女の血 / ホラー横丁13番地(1) 吸血鬼の牙



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

暗号クラブ(2) ゆうれい灯台ツアー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット