ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
手遊びうたから人気の童謡まで、200曲を美しいイラストともに収録。歌詞、楽譜付き!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
タロ・ジロは生きていた 南極・カラフト犬物語
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

タロ・ジロは生きていた 南極・カラフト犬物語

作: 藤原 一生
出版社: 銀の鈴社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784877865047

菊池 徹:監修

関連するスペシャルコンテンツ


『こねこのタケシ』阿見みどりさんインタビュー

出版社からの紹介

南極・カラフト犬物語。南極で1年間生き抜いた2頭のカラフト犬。感動のノンフィクション、待望の復刊!

ベストレビュー

南極での生活

ドラマ「南極大陸」を見始めたので、真実が知りたくて読んだ。
(図書館で目ぼしいのがコレしかなくて)

小学校高学年で「南極物語」にひどく感銘を受けたが、大人になって知るとなるほど〜と思うところもあった。
昔は越冬隊のことばかりだったが、ドラマで宗谷が向かうところに興味を持った。本もその部分を補ってあった。
おかげでドラマが大まかな筋をちゃんとなぞっていることもわかった。

おもしろかったのが、タロジロが生きている予想ではなく、証明をしてみせた人がいたこと。
それから何を食べて生き残ったか。へぇぇぇ!でした。
数字とか日々の詳細ではなく、事実をなぞるだけでよいなら十分の本ですよ。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子1歳)

この作品を紹介しているサイトを見る >>> ユウchan「タロ・ジロは生きていた 南極・カラフト犬物語」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

タロ・ジロは生きていた 南極・カラフト犬物語

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット