あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
見てください!この福々しいミッフィー!! 【嬉しい再入荷です♪】
三にんむすこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

三にんむすこ

作: わたなべ しげお
絵: せがわやすお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥650 +税

「三にんむすこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

三人三様の幸せ

もしかしたら、今は絶版になっているかもしれません。私が子どもの頃大好きだった本で、手元にあるのは、1966年8月発行のものなのです。でも、図書館などにはあるかもしれませんので、紹介します。
渡辺茂男:作、瀬川康男:絵の昔話です。

たろべえ、じろべえ、さぶろべえという三人むすこが、一人前になるために家を出て、旅に出ます。
長男のたろべえは、なまけもので、成り行きで泥棒になり、次男のじろべえは、おとなしく気がいいので、旅の途中で出会った長者どんの婿になり、三男のさぶろべえは、滅法気が強いので、殿様に仕えるお侍になりました。
そして、三年が過ぎたので一度とうさんの元へ帰ることになった三人は、思わぬところで鉢合わせします。そして・・・。

三人のむすこの性格が見事に三人三様で、そのお陰でその後進む人生も三人三様です。それでも皆それぞれ身の丈に合った幸せをつかんでいるところがとても面白いのです。泥棒になったたろべえにだって、悲壮感など微塵もないので、楽しいお話として読むことが出来ます。

表紙は旅に出た時の三人の姿が、裏表紙には三年たった時の三人の姿が描いてあります。その違い(違いのないのが1名)を見るのも楽しいです。

実は、私は三人姉妹なので、三人姉妹(または兄弟)の話が大好きで、結構探しては読んでいます。そして末っ子なので、もちろん肩入れするのは末っ子です。この本では、気の強いさぶろべえが一番のお気に入りです。
そんな観点から本を選ぶのも楽しいですよ。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳)

出版社おすすめ


わたなべ しげおさんのその他の作品

みてるよみてる / ぞうのホートンひとだすけ / みてるよみてる(大型本) / さとうねずみのケーキ / おまわりさんのスモールさん / ちいさいヨット

せがわやすおさんのその他の作品

ずいずいずっころばし / かぜにふかれて / ほうらかめだ / ずいずいずっころばし



ねえ、「コワイ」って、もってる?

三にんむすこ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット