だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
せかいいちゆうかんなねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せかいいちゆうかんなねこ

作: ローラ・ドリスコル
絵: 鈴木 勝久
訳: 村山寿美子
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「せかいいちゆうかんなねこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

1996年のある日。ニューヨークでのこと。火事でもえさかるビルにかけつけた消防士さんたちは、おどろくべきできごとを目にした。火の中へとびこんでやけどをおいながらも、次々と子ねこをくわえて、はこんでくる母ねこがいたのだ。

ベストレビュー

母は強しと実感しました。

火事の現場にかけつけた消防士さんは、驚きました。ねこが、もえる火の中へとびこんでいったからです。
サブタイトルに「ほんとうにあった母ねこのゆうきのものがたり」とあるように、1996年、ニューヨークで実際に起きた火事の現場での勇敢な母猫の物語です。

小1の娘が学校で読んで感動したからと借りてきました。
勇敢に子猫を助けてから、親子ともに無事に保護され動物病院で手当てを受けて、たくさんの申し出の中から選ばれた飼い主へのもとへと行くまでのお話になっています。
最後のページには、実際のねこの写真もあります。
痛々しそうに怪我のあとが残る母ネコですが、やはり事故にあったことがあるために辛さが分かるという飼い主さんに抱かれて、きっと幸せ一杯なのだと安心できます。

幼稚園から小学校低学年向けの童話と書かれています。
母が子を守る動物の本能、そして命の尊さについて親子で話し合えるきっかけになると思います。
(ゆずきんかんさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローラ・ドリスコルさんのその他の作品

ディズニー フェアリーズ文庫 ヴィディアときえた王冠



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

せかいいちゆうかんなねこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット